2019年08月30日

山本ファームからオリジナル野菜、固定種の「大黒なす」、「翠玉貴瓜」、「落合芋」を送っていただいた。


今年も、山梨県の農業生産法人 山本ファーム(有)から、同ファームが種を守ってきた固定種の野菜が収穫できたと、たくさんの甘い桃と一緒に送っていただいた。
山本さん、ありがとうございます。

今年の天候は山本ファームの皆さんも、ご苦労されたようだ。
記録的に日照時間の少ない、梅雨が明けてからは連日、厳しい暑さが続いて農作物への影響も大きかったようだ。




1-1.JPG

山本ファームの、オリジナル野菜「大黒なす」と「翠玉貴(すいぎょっき)瓜」に、地元の伝統野菜「落合芋」のレンチンポテトも送っていただいた。





2-1-1.JPG

上の画像をタップする
落合いもは、奥多摩に近い山梨県丹波山村に伝わっていたと云うが、江戸東京野菜の檜原村に伝わる「おいねのつるいも」や奥多摩町の「治助いも」のルーツとなる。

江戸期のジャガイモで、「ほくほくのレンチポテト落合君!」として商品開発をして、栄養繁殖で山本ファームでは今に伝えている。




3-1.JPG

翠玉貴瓜は、かつては翡翠(ひすい)瓜としていたが、山本ファームの思いが詰まった名前になった。

上の画像をタツプする
このウリ、半白キュウリの一種で、山本ファームが種を守り続けてきた固定種のオリジナル野菜。
瑞々しく、サクサクした食感で美味しい。

このうり、檜原村の鈴木留次郎さんに聞くと、塩山方面から檜原の南谷に伝わった、「昔きゅうり」に似ているという。





4-1.JPG

上の画像をタップする
山本ファーム(有)が十数年かけて品種改良、育成したオリジナル・ブランド野菜の一つ。
一個ごと枝を折らないように紐で吊るし独特の大きな形に熟成させるという栽培法が支えている。

大黒ナスの収穫は、叩いて音で判断していて、実を軽く叩き、高音から少し低くなった時が一番風味としても美味しく頂ける時だという。

 しかし、この最適期間は2,3日と4-2.pdf僅かで、これより早ければ青臭く、遅ければ種が入ってしまう。

これまで栽培の難しさが長年の課題であった大黒なす、安定栽培に向け、一定の目処が立ったという。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック