2019年09月12日

縮緬カボチャのなにわの伝統野菜「勝間南瓜(こつまなんきん)」を3個収穫することができた。


江戸の縮緬カボチャ・居木橋カボチャは上方から取り寄せたタネだったことは伝えられていることから、なにわの伝統野菜にある勝間南瓜かと、なにわの伝統野菜を普及されている難波りんごさんを通して、大阪府河南町の阪上勝彦さんが種を送っていただいたことは当ブログで、紹介している。
その後、庭の片隅で栽培してきたが、その経過は紹介してきた。





1-1.JPG

十分な管理はできなかったが、小ぶりな勝間南瓜3個を収穫した。

上の画像をタップする
縮緬の特徴が良く出たものもできた。






2-1-1.JPG

先日、りんごさんから大切な勝間南瓜が送られてきた。
りんごさん、ありがとうございます。

自宅で採れた勝間南瓜だそうで、
畑を片付けたときに、葉の下に隠れていたものだという。

上の画像をタツプする
立派な勝間南瓜が4個、どれもが個性的で縮緬の表情が素晴らしい。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック