2019年09月10日

11日(水)の授業を楽しみにしている柏木小学校の4年生は、鳴子ウリポンチを食べる予定。


新宿区立柏木小学校(佐藤郁子校長)の4年生が栽培している鳴子ウリ
11日(水)の食べる授業を残すのみとなった。

今年は、天候異変で栽培には苦労があった。
6月の高温乾燥が続き、その後は梅雨に入り長雨で日照不足、
そして再び高温が続いたが、こんな年はなかった。

そして、9日早朝、台風15号が首都圏を直撃した。






1-1-1.JPG

9日、台風の風もおさまった9時半に石川孝治さんのお宅に伺った。

11日に柏木小学校で授業に使う鳴子ウリをいただくためだが、
収穫しておいていただいた。
毎年、学校菜園でできた鳴子ウリだけでは不足することから、
府中の石川さんに協力をお願いしている。

上の画像をタップする
今年も、柏木小学校のために栽培してくれていたが、
今年の天候異変で授業に間に合わせるのは諦めていた。

ところが、石川さんは2回に分けて栽培してくれていて、
8月上旬に収穫期を迎える真桑ウリを、
ひと月遅れで収穫できるように栽培をしてくれていた。
さすがプロ!

石川さん、ありがとうございました。





2-1.JPG

台風の影響が残っていて、
甲州街道の調布では並木の大木が倒れていて渋滞。

11時半に柏木小に到着、則岡正幸副校長にお渡しすることができた。
これで授業ができるとひと安心!、一つひとつ冷蔵庫に収納した。

上の画像をタップする。
台風15号にあおられて、菜園の鳴子ウリは見るも無残!!
あてにしている鳴子ウリはまだヘタ落ちしていない。間に合うか!

追録


3-1.JPG

柏木小の近くにある柏木特別出張所の丸尾信三所長を訪ねた。
丸尾所長が、鳴子ウリを栽培していることは前回追録で紹介したが
台風15号の被害にあっていた。
しかし、綱を張った柱はびくともしていなかった。

丸尾所長に聞いて分かったが、この柱、
7月の参院選ポスターを張った看板の支柱を利用したものだという。

上の画像をタップする
丸尾所長と立ち話をしているところに
地域の奥さん方が集まってきた。
皆さん、鳴子ウリが気になっていたようだ。

所長が作った鳴子ウリの説明は、
鳴子瓜 江戸時代に柏木村鳴子(現在の西新宿あたり)の名産品のひとつ。鳴子瓜のルーツは、美濃の真桑村(現在の岐阜県本巣市)の名産品マクワウリ。織田信長や徳川家康ら戦国武将はマクワウリが大好きで、江戸に幕府ができた時に、真桑村から連れてきた農民に今の府中市や新宿で将軍家に献上するウリを作らせたという。いわば江戸の「高級フルーツ」です。

追伸
11日の授業参観には、丸尾所長と、エコギャラリー新宿の
高間佳子センター長、小山裕三氏が関心を寄せていた。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック