2019年09月19日

in表参道ミナガワビレッジ「食めぐり47 Vol.3」で 10月6日(日)に季節の江戸東京野菜を食べる企画を開催される。


当ブログのトップページで紹介しているが

江戸東京野菜コンシェルジュの森川洋一さんが代表を務める森川喜市商店が、宇宙の理 KonoCafe、ミナガワビレッジと共催で、in表参道ミナガワビレッジで「食めぐり47 Vol.3」として10月6日(日)に季節の江戸東京野菜を食べる企画が開催される。

森川さんは、これまで江戸東京野菜を食べる各種企画を展開していて、最近では8月にKONOCAFFで、金子ゴールデンビールを飲む企画、4月にも江戸東京野菜を食べる企画を実施している。。

これらは、現役時代「江戸東京野菜を食べよう」シリーズを開催、生産者の畑を回り、都庁32階の西洋フードコンパスグループの食堂で実施したことは、当ブログで紹介してきた。


1-1.JPG

上の画像をタツプする
今回森川さんが生産者を回って仕入れてくる江戸東京野菜は、
練馬の井之口喜實夫さんの「早稲田ミョウガ」、
練馬の渡戸秀行さんの「滝野川ゴボウ、亀戸大根、内藤カボチャ、
内藤トウガラシ、伝統小松菜」、
東久留米市の横山姉妹の「青茎三河島菜、柳久保小麦」で、

お飲み物は、JA東京あおばの「金子ゴールデン麦茶」、
「金子ゴールデンビール1本」。
その他、キャッシュオンデリバリーとして、東京産ワインに、
東京の酒蔵から「澤乃井」「多満自慢」となっている。

レクチャでは、使われる野菜の物語を・・・・、
そして試食会、マルシェも予定されている。

江戸城 濠大根の試食も追加予定されている。

お問い合わせ、お申し込みは、
森川喜市商店 090−8852-3836まで。
メール  yoyomo3@gmail.com
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック