2019年09月23日

国立の佐伯さんの水田では稲穂が実っていた。


5月13日だったが、天皇陛下の御即位に伴う「大嘗祭」で、神殿に備えるお米の斎田が栃木県と京都府に決まったとの報道がった。

この決定には、アオウミガメの甲羅を将棋の駒の形に加工して火であぶり、甲羅にできたひび割れで占うという古来からの方法で決定したもの。

その後、両県では、生産者の人選を進めていたが、先日、東日本の「悠紀(ゆき)田」は栃木県高根沢町の石塚毅男さん(55)所有の水田(1227平方メートル)。西日本の「主基(すき)田」は京都府南丹市八木町の中川久夫さん(75)ら地元の生産組合が所有している水田(2695平方メートル)、が宮内庁から発表された。


平成2年の大嘗祭で、東京都農林水産感謝実行委員会の事務局長をしていたから気になるものだ。





1-1.JPG

「悠紀田」「主基田」が決まったという映像には、たわわに実った稲穂が写っていたので、国立市の佐伯寛さんの水田を思い出して、近くまで行ったときに寄って見た。

上の画像をタップする
台風15号の影響で多摩大橋の付近の府中用水の取水口が壊れたらしく、用水が流れなくなって少し早く水を切ることになったようだが、豊作のようだ。

現在の様子だと、9月の末から10月にかけての、晴天が続く日を選んで、コンバインだが稲刈りをするという。





2-1.JPG

今にも雨が降りそうだったが、ママ下湧水では、勢いよく湧いていた。

上の画像をタップする
看板にはママ下通信110号(9月7日)が掲載されていたが、秋を感じさせる内容だ。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農地のある景観と環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック