2019年09月28日

潟Rミュニティデザインの中村正明社長から9月初めにメールをもらった。


中村さんには、江戸東京野菜の復活普及に取り組み始めたころから、応援してもらっている。

最近では、丸の内シェフズクラブ10周年記念イベントでお会いしていて、2017年には、丸の内プラチナ大学でお世話になっている。

メールによると、東京都の生産者が都心で行うテストマーケティングを支援するプロジェクトを実施するが、
今年度10月から4回開催(会場:大手町3×3ラボフューチャー)される。

そこで、今年度のゲスト講師を依頼されたもの。
3年間の継続事業として、エコッツェリア協会より事業を委託され、同社が運営事務局となったという。



1-1.JPG

上の画像をタップする
今回の事業は、ゲスト講師の講演が聞けるとともに、各回5人程度の東京都の生産者に参加頂き、
丸の内エリアの食に関心の高いオフィスワーカーや企業等に、約10分程度のプレゼンをして頂き、その後、
自慢の農産物や加工品を試食して頂くというものです。

その後、参加生産者の農産物等を使用した料理とお酒での交流会を開催するという。。

因みに、私は第3回のゲスト講師ということで1月27日(月)に実施。
posted by 大竹道茂 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック