2019年11月01日

台風19号の被害を受けた多摩川流域に、ハマダイコンの生育地を確認した。


台風19号で多摩川が決壊し、大きな被害が出た。
多摩川の決壊で思い出すのは、
狛江市で家が流された昭和49年(1974)。
あれから45年、10月13日未明、再び多摩川は決壊し冠水したが、
その場所は、二子玉川駅より更に下流域の玉堤地区。

16日に松井つるみさん(江戸東京野菜コンシェルジュ)は、
二子玉川に住んでいる友人が心配になって行かれたそうで、
写真添付で、「多摩川の春に沢山ハマダイコンが咲いていた場所
台風19号の増水でこの様になっています。」とメールをくれた。







1-1.JPG

二子玉川のハマダイコンは、2017年に見に行っている。
松井さんのメールを見て確認に行きたかったが機会がなかった。

丁度、「油面小3組の会」で目黒まで行く機会があったので、
終わってから目蒲線と大井町線を乗り継いで二子玉川に行った。

上の画像をタップする
二子玉川駅から下流域(写真上)と上流域の兵庫島(写真下)を眺めたが、
3週間も過ぎたから、だいぶ整備は進んでいた。







2-1.JPG

上流域の兵庫島も、土砂が覆っていた、
案内板の足に草や小枝が絡んでいた。

上の画像をタップする
二子玉川駅のホームからではわからなかったが、
野川が多摩川に合流するところに兵庫島がある。

増水した多摩川の流れが兵庫島も飲み込んだ跡が残っていた。






3-1-1.JPG

東急のガードをくぐって下流域の方に向かった。

上の画像をタップする
堤防上部は緑が青々としていたが、ハマダイコンは確認できなかった。
遠くの高層ビル群は、被害のあった武蔵小杉。


追録
a-1.JPG

目黒区立の「油面小3組の会」は股野道夫幹事長のご苦労で、
今年度も目黒駅近くの中華料理店「香港園」で開催された。

上の画像をタップする
参加者は前回と同じ13名だったが、
前回欠席の男性が出席、逆に女性は都合がつかず欠席された。
皆さんライフワークを楽しんでいて、
子どもの頃の話などで盛り上がっていた。

上の画像をタップする。
参加者は 佐藤育さん、山岡千恵子さん、宇井由美子さん、
和田美代子さん、斎藤綾子さん、
股野道夫君、太田徹君、杉本勝輔君、木村昇君、渡壁福三君、
杉田茂治君、松本大五君、私の以上13名の皆さん。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック