2019年11月07日

三國清三シェフから 11月発刊予定 ”ジャボニゼ” の大判リーフレットが届いた。


三國清三シェフが30年の料理人生をまとめた
集大成の本を出版するという話を聞いたのは2016年だった。

3年も前のことだったので忘れていたが、
東京の食材と生産者も紹介したいと相談されたので、

日ごろから使ってくれている奥多摩ワサビと千島国光さん、

東京のブランド牛、秋川牛と竹内孝司さん、孝英さん親子、

そして寺島ナスと星野直治さんを取材したことを思い出した。






1-1-m.JPG

楽しみにしていた本だが、出版の運びとなったというので、
早速注文を入れた。

上の画像をタップする
題名のJAPONISEEは、ヨーロッパ修業時代の恩師のひとり、
フランス料理界の巨匠として知られるアラン・シャベル氏から
帰国時にもらった「ジャボニゼ(日本化)が大切だ」
というメッセージに由来している。

三國シェフはフランス料理文化の正統を受け継ぐと同時に、
シャベル氏からの言葉「ジャボニゼ」を胸の内に刻みながら
料理をつくり続けてきたという。






2-1.JPG

江戸東京野菜の、伝統小松菜、金町小かぶ、しんとり菜
谷中しょうが、寺島なす、鳴子うり、内藤かぼちゃ
内藤とうがらし、馬込半白きゅうり、

A4変型(297×280mm)上製本・ケース装、504頁 
定価:27000円(税別) 

なお、本のご購入は電話またはメールにて
(株)ソシエテミクニ内ミクニプリグェ 担当:柳沢
Tel 03-3359-3765(平日10:00〜18:00)
Mail・japonisee@oui−mikuni.co.jp

posted by 大竹道茂 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック