2019年11月22日

JA東京あおば農業祭2019が、光が丘公園けやき広場で16日17日に開催された。


JA東京あおば農業祭2019から、ご案内をいただいていたので、練馬区の光が丘公園けやき広場で16日17日に開催された。

ケヤキ広場は光が丘団地の一角にあり、大江戸線の光が丘駅から5分の距離だから終日会場には、多くの人でにぎわった。





0-1.JPG

JA東京あおばは、農地のある板橋区と練馬区の農業者を組合員とすることから、板橋、練馬、石神井、大泉の各地から農産物が集められて、品評会が行われた。

上の画像をタップする
キャベツ、大根、果実、花、盆栽等が出展された。

会場入り口に野菜の宝船が飾ってあた。
この宝船、板橋、練馬、石神井、大泉の合併前の地域が順に作り
今年は大泉地区が担当だそうで、
渡邉和嘉さん(江戸東京・伝統野菜研究会副代表)も加わり、
金曜日に作り上げたもの。







1-1.JPG

江戸東京野菜の展示がされていた。

上の画像をタップする
練馬ダイコン、志村みの早生ダイコン、内藤カボチャ、
渡辺早生ゴボウ、馬込三寸ニンジン、青茎三河島菜、三つ葉の苗、
内藤トウガラシの盆栽が展示されていた。





2-1.JPG

練馬大根1本230円の販売ブースには、行列ができていた。

上の画像をタップする
会場では、練馬大根を買った人が、やたらと目につく。
さすが地元では葉を落とさずに持ち帰った。







3-1.JPG

先に行われた大嘗祭に庭積机代物として23区を代表として選ばれた
練馬区高野台の井之口喜實夫さんと勇喜夫さん親子。

会場には、大嘗祭に供納されたキャベツと同じ日に播種した
キャベツ(YR藍宝)が同じように供納した荷姿で展示してあった。

上の画像をタッブする。
当日の模様はここから


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック