2019年11月23日

今年で6年目、「三河島菜フェア」で日替わりランチが荒川区役所の地下1階レストラン「さくら」で開催された。


フリーランスライターの齋藤香さんが、お住いの地元荒川区の伝統野菜「青茎三河島菜」に注目されていることは先日ブログで紹介した。

ブログ最後の追録で、荒川区役所の地下1階レストラン「さくら」で11月18日から22日まで開催される、「三河島フェア」の日替わりランチを食べに行くと云っていたが、写真を送ってくれた。





1-1-1.JPG

レストラン「さくら」

上の画像をタップする
齋藤さんが行かれた日は木曜日で、三河島菜グリルハンバーグ 510円







2-1.JPG

各テーブルには、
区民の皆さんに三河島菜について伝える努力がなされている。

上の画像をタップする
テーブルにあった三河島菜の説明ポップに
大竹さんの名前がありましたよ。
」と教えてくれた。

説明ポップには、当ブログが紹介されていた。

「お問合せ」先としては区の観光振興課となっていて、
"「復活!あらかわの伝統野菜」だより"は30回もUpdateされている。






3-1.JPG

ランチは小鉢1品が自由に選べます。
区役所の食堂は中華がおいしいという評判なので、
私は麻婆豆腐をチョイスしました
(山椒がきいていて大人味。おいしい!)。

上の画像をタップする
三河島菜のハンバーグ、おいしかったです!
三河島菜ときのこのソテー(塩味)もハンバーグに合ってた!
私がいるときは3人に1人程度の割合で、
三河島菜メニューをオーダーされていました。



日替わりランチは、2014年1月末から2月にかけての1週間実施したが、
すっかり定着し毎年開催されていて、
にっぽりマルシェと共に、今年で6年目だ。


追伸
齋藤さんのメールの最後に質問があった。
荒川区内の学校で、現在、三河島菜を栽培しているのは1校ですか?
尾久宮前小以外にもありましたら教えてください。
また、過去に指導に行った学校名を教えてください。


尾久宮前小学校の前任校長伊藤英夫先生が、現在の学校
第一日暮里小学校で4年生が栽培を行っていると聞いています。
一度ご挨拶に伺おうと思っている。

かつて栽培をした学校は、
峡田小学校で田中彬子栄養士が2年生を対象に実施した。


荒川区教育研究会の給食・食育部から依頼されて講演に伺っている。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰りした三河島菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック