2019年12月06日

第5回鎌倉大根収穫祭の前夜祭として、地元佐助保育園の園庭で園児との舞がおこなれた。


これまで第5回鎌倉大根収穫祭の「鎌倉大根を知ろう」と午後からの「鎌倉大根を味わう」を紹介してきたが、鎌倉だいこん未来研究クラブでは、それに先立ち29日に前夜祭として、佐助保育園において園児との交流の企画を実施した。

今年の4月、佐助の福来鳥の南側に佐助保育園が設立された。

未来研究クラブの佐藤えださん(福来鳥の女将)は、お隣同士となったことから園児の若い保護者達にも、鎌倉大根を認識していただくきっかけになればと、同園の山下隆理事長に収穫祭への協力要請をしていたが、ご理解をいただいたもの。




0-1.JPG

バックが大根料理の「福来鳥」
上の画像をタップすると福来鳥のベランダから佐助保育園の園庭

当日は、花村勝男名誉会長が14時から園庭での企画をまとめ、
坂東流志賀次派の坂東遥家元が奉納の舞を、

シンガー・ダンサーの清水友美さんは狐の舞を踊った。
また、造形家の大岩あやさんはランプアートを子どもたちに見せた。





1-1.JPG


坂東遥家元(坂東流志賀次派)の奉納の舞

上の画像をタツプする
昨年の鎌倉大根収穫祭では佐助稲荷神社の境内で踊られている。
今回も、この計画に早くから賛同して企画を練っておられた。






2-1.JPG

上の画像をタップする
シンガー・ダンサーの清水友美さんは、
狐の舞を、園庭を広く使って踊った。

清水さんは、「鎌倉大根を知ろう」にも出演している。





3-1.JPG

造形家の大岩あやさんのランプアートは
園児と一緒にランプを取り付けた。

上の画像をタップする








4-1.JPG

喜びの園児と一緒に、ハイ チーズ!!

上の画像をタップする
この日の事は、きっと楽しい思い出として記憶に残ることだろう。

背の高い男性が山下理事長


追録

5-1チャ.JPG

上の画像をタップする
福来鳥では、鎌倉大根の普及のため
そごう横浜店「お食事ちゅうぼう」で3日から9日まで
鎌倉大根蕎麦(今村製麺総本家)のセットを販売している。

鎌倉だいこん未来研究クラブの名和さんは、行かれたとか。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝説の鎌倉大根
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック