2020年01月03日

新年恒例の明治神宮へ初詣!!、農林水産物奉献会の総会並びに新年互礼会に出席した。


恒例の明治神宮農林水産物奉献会の総会並びに新年互礼会が、
2日、明治神宮で開催された。
今年は、明治神宮鎮座百年祭記念として開催したもの。

明治神宮は大正9年11月1日に明治天皇と昭憲皇太后を祀る社として、
代々木の地に創建され、今年で百年を迎えた




1-1.JPG

9時に参集殿に集合、
明治神宮農林水産物奉献会の総会に先立ち、
参集殿から行列を作ってご社殿へ、

上の画像をタップする
大太鼓の音とともに年頭の昇殿参拝。
拝殿から出たところで直会のお神酒をいただいて、
神楽殿で、祝詞奏上、神楽「倭舞(やまとまい)」が舞われた。

一連の儀式の中で、今年一年が良い年であるように祈願。





2-1-1.JPG


参集殿では、明治神宮農林水産物奉献会の総会と新年互礼会が開催された。
この会は、戦後の食糧難を東京および東京周辺の篤農家が、明治神宮に集い、増産運動に励んだ組織を、さらに発展させた会で、

東京以外には、横浜の宮元支部、群馬の渋川支部があり、個人では、神奈川、千葉、茨城、埼玉、群馬、新潟の会員もいる。

上の画像をタツプする

昨年、JA東京中央会に、江戸東京野菜推進室が設けられたことから、江戸東京野菜普及推進事業アドバイザーに任命された。

これらは、2020東京オリンピック・パラリンピックを背景に、その対策として動き始めたもので、
須藤正敏会長が、わざわざお酌に来てくれて、がっちりと握手!!。

互礼会では、亀戸升本のお弁当が出た。亀戸ダイコンの漬物が入っている。

2019年度にスタートした事業では、外国のお客さんにも、東京のおもてなし食材として、
江戸東京野菜を新規で栽培を始めると、中央会では助成金を出す制度が動き始めている。

また、江戸東京野菜は、食べなければ無くなってしまう、貴重な遺産だとして、練馬区など東京都の各自治体と一緒に、江戸東京野菜を日本遺産にする取り組みにもかかわっている。

さらに、江戸東京野菜の本を4月頃に、平凡社から出版する予定もある。
「江戸城 濠大根」の普及等、やることは山積している。
posted by 大竹道茂 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック