2020年01月26日

「大阪 王将」の難波葱200g使用の難波ネギ炒飯セット(餃子1人前・ネギスープ付)は最高!!


葱サミット2020 in大阪」は、「難波葱の会」事務局長の
難波りんごさんが「もっとネギを食べるぞー!!」の宣言三唱で、
盛会裏のうちに予定通り15時に終了した。

スタッフの皆さんは、後片付けやらで、忙しくされていたが、
りんごさんが、難波葱を食べて帰ってくださいという。

葱膳の田中庸浩社長とも、こんなこともあろうかと
新幹線の指定を取っていなかったので、甘えることにした。






1-1.JPG

地下鉄の難波で下車、高島屋側に出た。
りんごさんの話では
南海電鉄なんば駅は、明治18年に葱畑の中にできたという。
高島屋のある所は、難波葱が栽培されていた畑だという。

事前に頂いた案内では、
今年も、オープニングセレモニーは、16日(木) 15時から、
大阪高島屋前で、先着700名に「難波葱」を配布されたようだ。


上の画像をタップする
会場は心斎橋の「大阪 王将」で、難波葱使用店。


参加者は、熱塾の原田彰子代表、田辺大根ふやしたろう会の谷福江世話人、ふくいの伝統野菜サポーター森下三代さん、難波葱の生産者上田隆祥さんご夫妻、森下先生の奥様。

野菜文化史研究センター代表の久保功先生、なにわの伝統野菜研究会の清原風早子代表、浅草葱膳の田中庸浩社長で、遅れてこられた森下正博先生の写真を撮れなかった。失礼しました。





2-1.JPG

難波葱チャーハン」は新聞にも掲載された。

このチャーハンには、
難波葱の葉だけではなく、根も揚げて乗っていた。
パリパリとした食感がたまらない。

難波葱は、柔らかく美味しい。
銘々にこのボリュームで出てきたが、皆さん完食。

難波葱のスープもおいしい。




3-1.JPG

難波葱は、上田さんが栽培している住吉区大領の畑と、
上田さんの先代から50年前に渡った
大阪府松原市で難波葱は栽培されている。

なんばネギサイダーは、松原産の葱を使用しているという。


上の画像をタップする
原田さんがfaceBookに掲載した写真を拝借。

日本のネギの元祖
難波葱200g使用の
難波ネギ炒飯セット(餃子1人前・ネギスープ付)
は最高!!

久保先生とは、同じテーブルだったこともあり、田中社長に
葱の葉の中にある “ぬる” は体によく臭いもしないから、
お風呂屋さんに交渉して「葱風呂をやったらいい! 」と、
田中社長に久保先生は勧めていた。

新大阪18時30分発の新幹線の座席指定が運よく取れた。
田中社長とはずーと
「葱サミット2020 in大阪」の話をしながら帰った。

皆さん、お世話になりました。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック