2020年02月16日

鎌倉福来鳥の女将佐藤祐実那さんがBE-PAL 3月号の田舎賢人に掲載された。


第10回 高円寺演芸まつりの「うおこう寄席」で、江戸東京野菜講談の真打田辺一乃師匠が講じたが、鎌倉福来鳥の女将佐藤祐実那さんは遅れて、講談が終わったところで店に来られた。

鎌倉の佐助稲荷神社に伝わる伝説の大根を鎌倉大根として、復活普及を行っているが、うおこうの女将つるみさんが、応援していて、昨年11月に開催された「鎌倉大根収穫祭」では

料理関係のリーダーをされたことから、今回お誘いしたようだ。




1-1.JPG

上の画像をタップするとうおこう寄席

懇親会では、皆さんに鎌倉大根の謂われについて紹介されていた。






2-1.jpg

上の画像をタップする
このほど刊行されたBE-PAL 3月号No477(小学館)の、

自然は資源、人は価値。幸せの風は「地方」から「田舎賢人!」に、
〜鎌倉時代のだいこん伝説を令和に再び花咲かせたい〜
として掲載された。

追録
かつて江戸東京野菜の滝野川ゴボウがBE-PAL誌に掲載されている。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック