2020年02月22日

3月15日(日)刊行に向け、「江戸東京野菜の物語」平凡社新書は1か月を切った。


平凡社新書として「江戸東京野菜の物語」を刊行するとご案内しましたが、

その後、初稿著者、著者校正と校閲を終えて、3月15日(日)、各書店に並んだ。

立川まで出る用があったのでの、立川のオリオン書房各店に積んであったが、ノルテ店の新書新刊コーナーを撮った。イトーヨーカドー昭島店のくまざわ書店にも平置きしてあった。


1-1-b.JPG

上の画像をタップする
お読みになった方々が早速、メディアで紹介していただいた。


NEWS TOKYOの津久井編集長が、掲載していただいた。



フードボイス.JPG

上の画像をタップする
インターネットジャーナル(株)の新田社長はフードボイスに、


asd.JPG

フードマイレージの中田哲也先生はブログで紹介いただいた。

上の画像をタップする
野菜そのものの物語だけではなく
関わっておられる方たちの奮闘記としても、
興味深く、楽しく読ませて頂きました。有難うございました。」

とあった。
 


ererプチャ.JPG

秋田でお会いした鹿児島大学農学部附属農場技術専門職員の
中野八伯さんは鹿児島市内の書店で購入したとメールをくれた。

大竹さん買いました !!
このように文字や写真で残すことは、本当に大事なことと思います。
僕もできる限り何らかの形で残していきたいです。

とあった。中野さんありがとうございます。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック