2020年02月22日

3月15日(日)刊行に向け、「江戸東京野菜の物語」平凡社新書は1か月を切った。


平凡社新書として「江戸東京野菜の物語」を刊行する
とご案内しましたが、

その後、初稿著者、著者校正と校閲を終えて、
3月15日(日)、各書店に並んだ。



1-1-b.JPG

立川まで出る用があったのでの、
立川のオリオン書房各店に積んであったが、
ノルテ店の新書新刊コーナーを撮った。
イトーヨーカドー昭島店のくまざわ書店にも平置きしてあった。

上の画像をタップすると平凡社へ


追録
お読みになった方々が、メディアで紹介していただいた。

8月5日、小学館発行の「サライ」9月号のサライBOOKレビュー
「読む」に"参勤交代制が生んだ江戸東京野菜を守る" と掲載。

img411.jpg

上の画像をタップする

7月28日(火)に、日本経済新聞朝刊の文化面に大きく
江戸東京野菜を復活」が掲載された。
4月25日に、書評は掲載いただいているので復活の原稿を
掲載してくれた。


7月20日、公益財団法人 味の素食文化センターが、
facebookで紹介した。
ajino.JPG
上の画像をタッブする


7月19日のしんぶん赤旗の読書の頁に「本と人と」で
伝統野菜 再発見のドラマ」として紹介された。

7月14日の聖教新聞の文化Cultur のコーナー「ヒューマン」で
江戸東京・伝統野菜研究会代表の立場での紹介だ。

6月25日の、住友生命の会員向け資料BESTBOOに掲載された。
img319.jpg
上の画像をタッブする

6月14日の日本農業新聞の「あぜ道書店」に
「栽培復活の丹念な記録集」として
ジャーナリストの山口亮子さんが書評を書いてくれた。

5月10日の読売新聞朝刊の文化面の「本 よみうり堂」
著者来店のコーナーで松本由佳記者が、740字も書いてくれた。

5月6日には、こちらも全国紙の農業共済新聞が「自署を語る」
掲載してくれた。

5月2日の朝日新聞にライターの菅聖子さんが、
伝統野菜でまちおこしを評価して、読書頁のビジネスに
〜地域の味復活させて 小さな経済潤す〜
と500字も書いてくれた。

5月1日の夕刊フジと4月25日の日本経済新聞に紹介された。

産経新聞では4月12日の朝刊「書評」で取り上げてくれた。


東京新聞3月27日に、平凡社新書が紹介され。
福田さんが「江戸東京野菜の物語」の解説してくれた。




tokyojin.JPG

上の画像をタップする
雑誌「東京人6月号」で、紹介されました。



フードボイス.JPG

上の画像をタップする
インターネットジャーナル(株)の新田社長はフードボイスに、



asd.JPG

フードマイレージの中田哲也先生はブログで紹介いただいた。

上の画像をタップする
野菜そのものの物語だけではなく
関わっておられる方たちの奮闘記としても、
興味深く、楽しく読ませて頂きました。有難うございました。」

とあった。
 

ererプチャ.JPG

秋田でお会いした鹿児島大学農学部附属農場技術専門職員の
中野八伯さんは鹿児島市内の書店で購入したとメールをくれた。

大竹さん買いました !!
このように文字や写真で残すことは、本当に大事なことと思います。
僕もできる限り何らかの形で残していきたいです。

とあった。中野さんありがとうございます。

NEWS TOKYOの津久井編集長が、掲載していただいた。


1-1プチャ.JPG

日刊スポーツ新聞の赤塚辰浩記者には、昨年の9月に日刊シニア版で
「江戸東京野菜を守る.」の大見出しに大きな姓名が、
スポーツ選手並みの大きな活字で紹介された。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック