2020年05月08日

5月8日(金)、21時から、NHKBS 『新日本風土記 松本清張鉄道の旅』の案内をいただいた。


深大寺蕎麦門前のご主人浅田修平さん (深大寺一味会の副会長) から、メールをいただいた。

メールによると、「天台宗浮岳山昌楽院深大寺は、4月25日から5月6日まで、開創以来の歴史的な山門閉鎖が執行され、更にこの度は5月31日まで延長されることになりました。 

深大寺の全そば店20軒も5月6日まで自粛休業いたしました。 当店は5月7日(木)より営業再開いたしますが、お客様が戻ってくるかどうかはわかりません。
なにしろ不要不急の外出自粛が浸透してしまいましたので・・・。
」とあった。



1-1.JPG

深大寺の山門前には、拝観停止のお知らせの張り紙を、
お参りに来た観光客が読んでいる。

上の画像をタップする
浅田さんのお店「門前」の、幟旗はしまっている。






jindai3.jpg

上の画像をタップする

メールには続けて、
皆様も先の見通しのたたない不安を抱えながら外出自粛で
お過ごしの日々、コロナ疲れが起きているのでは、
と案じております。

そんな中、少しでも気晴らしになればと思い、
勝手にご案内をさせていただきます。

NHKBS 『新日本風土記 松本清張鉄道の旅』で、
昭和30年代の深大寺の描写がある清張作品『波の塔』、
そのゆかりの地として取材(2月中旬)されました。

2時間番組のほんの一コマですが、
わたしもインタビュー出演してます。
とある。

「波の塔」は、門前の二階でその一部を執筆したそうで、
その日は台風が来て帰れなくなり、結局泊まっていったという。

その後度々店に来られたが、同店には「清張メニュー」があり、
「清張さんが来ました!」と調理場に伝わると、何も聞かずとも
虹鱒の塩焼きをする者、山菜を揚げる者と分担で、
清張さんの好きな、深大寺そばとの、セットを出したそうだ。

虹鱒は生簀に飼っているそうだが、深大寺の隣にある
都立農業高校で育成した虹鱒。

「波の塔」には、「山門が藁葺きで桃山時代の建築という・・・」
この他、佐々木和子と輪香子が虹鱒を注文することが
書かれている。

 NHKBSプレミアム 5/8(金)21:00 〜 22:59
 再放送 5/16(土)13:30 〜 15:29

番組が楽しみだ。浅田さん情報ありがとうございます。


追録


5-1.JPG

私も「松本清張」は好きで、若い時にサインを頂いている。

上の画像をタップする
昭和55年3月27日(金)に内幸町の日本プレスセンターで開かれた
「いっしょに考えよう日本の食料」のシンポジュウムに先立って
松本清張氏の基調講演があり、その時にサインをしてもらった。

古代史研究家としての清張の初期の作品「古代史疑」は、
昭和34年3月が初版だったが、昭和54年4月 22版も発行されていた。




キfddffdチャ.JPG

もう一冊が、「清張日記」で、サインは毛筆。
昭和55年から57年にかけての日記の抜粋。


前文には
おりおりに、日記ともつかぬ 読書の手控えともつかぬ
紀行文ともつかぬ、また 着想メモともつかぬものを
書いてきた。

これから、その中のものをとり出したい。
原文は、自分だけにわかればいい 簡単なものだが、
それでは一般の読者には 暗号めいているので、
部分的に書き直した。
」とある。

主な内容は、
軽井沢行き/土塔遺跡見学と飛鳥寺/有馬頼義氏の思い出/
郭沫若批判の記事について/映画「影武者」の感想メモ/
創作メモ/劉生の生涯/「古事記」について/
「”邪馬台國”紀行」執筆/ロンドン事情/
エラリー・クイーン氏の死/他
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
私も番組を観ながら、ついつい昔の映像の中に、ハマダイコンを探してしまいました。日南市でも録画なら拡大して確認したくもなったりしました。
ドラマの『仁』の最終回では江戸城や川の映像に存在してそうで、製作協力者名を調べればなにか手掛かりがありそうです。ついつい目がハマダイコンを探しています
Posted by 松井 つるみ at 2020年05月09日 12:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック