2020年05月17日

庭の温州ミカンに花が咲き、ミツバチのお陰で受粉の済んだ花から果実が目立ち始めた。


庭の温州ミカンが花を咲かせている。植えて50年は経つが、
暮れからお正月にもいで食べるが、
その頃になると甘くておいしくなる。

皮の薄い温州とは違うが、それでもちょっともいで食べている。





1-1unsyu.JPG

温州は2本あるが、
花の咲くタイミングが若干異なり、奥にある方はまだ蕾だ。

上の画像をタップする
スス病になっているようで、古い葉はススがかかって黒ずんでいる。
何の薬が良いだろうか。






2-1.JPG

手前の温州は花が開き、ジャスミンのような香りを放っていた。

上の画像をタップする
花弁が落ち始めた花には、果実が目立ち始めていた。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック