2020年05月26日

江戸東京野菜コンシェルジュの「森川喜市商店 浦和」の 森川洋一代表から写真が届いた。


「森川喜市商店 浦和」の森川代表とは、2月15日(土)に、昨年同様に、
表参道のミナガワビィレッジで、イベントを実施する予定だったが、
新型コロナウィルス感染拡大の不安から、4月19日に延期したが、

濃厚接触による感染はピークに達する勢いだったことから、
感染不安がなくなってからと云うことになっている。

その後1カ月、コロナ戦渦の中、如何お過ごしか電話をすると。
江戸東京野菜を収穫しているとお元気な様子だった。





1-1.jpg

収穫された江戸東京野菜は、
左から金町コカブ、亀戸ダイコン、ごせき晩生小松菜、シントリ菜
立派なものだ。

上の画像をタップする
昨年の11月2日、3日に明治神宮で開催された東京都農業祭で、
東京都が配布した江戸東京野菜の種を撒いていたが、
今月になって毎日収穫を楽しんでいるという。






2-1.JPG

楽しみながらやっています。残り僅かになってきました
メールには虫食いの様子だとする写真も添付されていた。

上の画像をタップする
葉は虫にやられています。
農家の方の苦労がよく分かりました。
何とかタネをとって来年に繋げたいと思っています。


6月になると栽培している野菜は、どれも抽苔して花が咲きます。
楽しみですね!

森川さん、写真ありがとうございました。


追伸

政府は緊急事態宣言を全国で解除した。
小池百合子東京都知事は、休業要請は段階的に緩和するという。
しかし、ウイルスとの戦いは継続していく。
posted by 大竹道茂 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック