2020年05月30日

川口エンドウ女子隊 活動報告として、江戸東京野菜コンシェルジュの増田純代さんから写真が送られてきた。


報告によると
5 月に入り川口エンドウ女子隊のリーダー八幡名子さんより福島秀史さんの畑の川口エンドウがそろそろ収穫できそうとの連絡がありました。

今年はコロナの影響で密を避けるため、車で直接畑に行ける八幡さんと私と八王子市内にお住まいの名子さんのお友達 3 人で収穫することにしました。

「5 月中旬より週 3 回くらいのペースで通っております。
福島さんの畑は先週最盛期を迎えたようで、20 日と 24 日は良品が約 6 キロ近く収穫できました。

たくさんの方に川口エンドウを味わっていただきたいという思いから、わたしたちの周りの方たちにも積極的に声かけして届けております。

川口エンドウ女子隊のメンバーも食べて応援!ということでたくさん購入しています。





2-1.JPG

収穫する増田さん。
先週末より濱中さんの畑の川口エンドウの収穫も始まり、5 月 26 日は午前中濱中俊夫さん、午後は福島さんのところと、はしごで収穫いたしました。
濱中さんの畑はこれから最盛期を迎えそうです

上の画像をタップする

濱中さんの畑には、奥の方に男性がいるように見えますが、鳥よけに理髪店で使い終わった男性マネキンの頭が支柱に刺してある。





1-1.JPG

収穫する八幡名子さん。
濱中さんのお母さん(洋子さん)の川口エンドウを収穫する。
濱中さんの残ったタネを、お母さんは蒔いたそうです。


だからといって、別々に分けているわけではないようだ。





4-1.JPG

上の画像をタップする

福島さんの畑 5 月 24 日 良品が約 6 キロ近く収穫できました。
花はほぼ咲き終わりました。

5月29日は濱中さんの畑で、良品が約5キロ収穫できました。





5-1.JPG

江戸東京野菜をお使いの大泉学園「小料理 石井」の主人石井公平さんにもお声かけしましたら、たくさん購入してくださいました。

上の画像をタップする

2 回目のお届けの際に川口エンドウを使った「沢煮椀」をご馳走になりました。川口エンドウのシャキシャキと食感が活きた大変美味しいお椀でした。


追録


6-1.JPG

福島さんの畑には、野菜を買いに来る地域の方も多いので直売所を設置したようだ。

上の画像をタツプする

馬込半白キュウリや金町コカブなど江戸東京野菜の他におかひじきやイタリア野菜やパクチーなど新しいジャンルの野菜も種蒔きされたそうです。楽しみです。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子の伝統野菜各種
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック