2020年07月12日

西新宿小学校の内藤カボチャの栽培の様子と授業の進め方について担任の教諭にお伝えした。


新宿区立西新宿小学校(長井満敏校長)の5年生が、
毎年栽培している江戸東京野菜の内藤カボチャの授業については、
5月の連休明けに、苗の定植から始めている。

今年は新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐことから、
東京都では長期臨時休校が実施されたことから、
復活栽培の授業は延び延びになっていた。

ようやく今月中に授業が可能となったことから。
同校に伺って、吉田順子教諭と川崎香澄教諭に
授業の持ち方につてい、昨年までの様子をお伝えした。




1-1.JPG

同校は、東京都庁に一番違い学校で校庭からは、ツインタワーが望める

上の画像をタツプする。
校庭の西側には、コンサートホールや美術館が入る
複合施設の東京オペラシティがそびえている。




2-1.JPG

9日のカボチャの状態は、長雨で冷え込んだこともあ、
雌花が咲いても受粉がうまくいっていないようだ。

上の画像をタップする
翌日に咲きそうな雌花があったが、
タイミングよく雄花が咲いてくれるか、


葉の裏には 黄色い「キイロテントウ」がいた。
キイロテントウムシは、うどん粉病菌を食べて生活しています。
キイロテントウも人間にとっては益虫になります。
と、梶谷正義先生がアドバイスをくれた。






3-1.JPG

6月末にも、様子を見に来ているが、親蔓を止めて、
子蔓をたくさん出すことで
雌花も雄花もたくさん咲くことを説明した。

上の画像をタップする
6月末には、たくさん雌花がついていたが、
雄花とのタイミングが悪く。実を付けなかった。

一緒に内藤トウガラシも一緒に栽培していた。


追伸
令和2年度都市農業機能発揮支援事業(農林水産省)を実施する
「農の機能発揮支援アドバイザー」として派遣された。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック