2020年07月25日

青味・風味・涼味の三拍子揃った "旬”の漬物として好まれた、東京大越ウリが収穫期を迎えていた。


練馬の村田農園で江戸東京野菜の採種に取り組んでいる
渡邉和嘉さん(江戸東京・伝統野菜研究会副代表)が栽培している、

東京大越(とうきょうおおしろ)ウリが、
収穫の時期を迎えていて、いくつも実っていたので、
毎回、更科堀井の四季の会でお会いしている、
芳子さんに云って、分けてもらった。

大越瓜は江戸時代から作られていたが、
明治以後、豊多摩郡野方町(現在の中野区野方・鸞の宮)の篤農家が
改良して、東京大越ウリが生まれた。

その後、練馬や滝野川方面に伝わると、
滝野川の種苗商によって、全国へと広められていった。





1-1-2.JPG

芳子さん曰く、昔は ”イタチウリ” と云ってよく作ったという。

”イタチウリ” と云われたのが気になって調べてみた。
何でも下板橋から伝わった早生のシロウリで
“いいたち” 良い質の意味から、”イタチ” と云ったとか、

上の画像をタップする
鳴子ウリや内藤カボチャ、雑司ヶ谷カボチャの採種も行っているが、
今年は雄花と雌花の同時に咲くタイミングが悪かったり、
長雨の中で花粉のつきが悪くて、実りが少ないが、
東京大越ウリは、実のつきが良い。





2-1.JPG

東京大越ウリは、昔は何年もかけて奈良漬にしていたが、
簡単に食べられる、塩漬けにして酒のつまみでいただいている。

長さが30cm前後、1個の重さは1.8kg前後にもなる
円筒形の大しろうりは、1株から4個取るのが標準とされていた。
奈良漬専用のため、収穫すると直ぐ加工業者に売り渡された。

上の画像をタップする
皮の緑色はやや淡い。6〜7月が食べころで、
うっとうしい梅雨空を払うような、
青味・風味・涼味の三拍子揃った "旬”の漬物として、
現在でも江戸っ子に愛されている。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック