2020年07月26日

「あべよしこのおうちごはん」で、人気のお弁当やお惣菜を作っている安部さんを紹介された。


先日、柏木小学校の屋上農園を見せてもらったことは報告したが、

収穫した野菜を美味しく食べることを、
料理人に協力してもらったりもしていて、青山小学校の頃から
イタリアンの神保佳永シェフとはお付き合いがあるようだが、
最近は「あべよしこのおうちごはん」で、お弁当やお惣菜で、
人気の安部剛子さんが、情報を発信しているとお聞きしている。

恵比寿にあるお店を、ネットで見ると
「旬の食材に、薬膳の要素をプラスした安心・安全な
お弁当や、お惣菜が頂けます。」とある。

新型コロナウイルスで、飲食店はどちらも苦境に立っているが、
テイクアウト専門店なので、
特に健康志向のお客さんが詰めかけているようだ。





1-1.JPG

そんな安部さんて、どんな方なのか、検索してみた。

プロフィールには、
1975年山形県東村山郡山辺町生まれ。
文化服装学院スタイリスト科を卒業後、タレントのスタイリング等
を経てフードスタイリストとなる。

2000年に結婚し、子育てに専念するが、
母親がおでんを炊飯器で作ってくれたことをきっかけに、
炊飯器料理の研究を始め、料理家として本を出版。
とあった。

上の画像をタップする
屋上菜園には、安部さんも初めて来られたようで、
スタッフの皆さんも本格的な栽培に、驚いておられた。

 




2-1-9.JPG

屋上農園は、
これまで港区立青山小学校、新宿区立落合第六小学校と
竹村校長は、これまでの経験を生かして、柏木小学校では、
袋での栽培に切り替えた。

300袋に有機質肥料等を入れても1袋1000円以下で再利用が可能、
今後、小・中学校での栽培や、また、家庭でのベランダ栽培でも
プランター栽培よりも格安にできるという。

上の画像をタップする
淀橋浄水場の後に出来た、新宿副都心の超高層ビル群が
間近にそびえている。







3-1.JPG

屋上の東側には、
地元柏木の伝統野菜、鳴子ウリが実っているので
安部さんは、盛んにスマホで写真を撮っていた。

上の画像をタップする。
この日は、雨が上がっていたが、梅雨は上がっていないので、
この様子では、鳴子ウリは日が照り始めると枯れてしまう。

安部さんは、へた落前の鳴子ウリを、漬物にしたようだが、
メロンの香りがしたと云っていた。

スタッフのお一人から江戸東京野菜の料理本はありますか、
と問われたので、「江戸東京野菜COOKING BOOK
を紹介した。







4-1.JPG

2年生と5年生は収穫体験をして、各児童は家に持ち帰ったそうだ。

寺島ナスも大きくなると色ボケもするから、
適期のものは収穫してくださいと竹村校長から云われて、
もいでいた。

上の画像をタップする。
ミニトマトも、雨が続く中、割れてしまったものもある。


追録

a-1.JPG

柏木小に伺う前日、加藤晴久さんの畑に伺い「東京べかな」を

上の画像をタップする
江戸東京野菜では、渡邉和嘉さんが栽培している東京大越ウリ

清水丈雄さんの、寺島ナスとサラダナス、千両ナス、水ナスを
同校の岡庭栄養士に給食用に使えないかと、竹村校長に託した。

同じものを安部さんにも、プロが作ったものだとして差し上げた。


追伸
このことは「あべよしこのおうちごはん」に掲載された。
posted by 大竹道茂 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の飲食関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック