2020年07月29日

新潟の郷土蕎麦だという "へぎ蕎麦" の店が新宿にあり、気になっていたので暖簾をくぐった。


新宿区立の西新宿小学校と柏木小学校には西武新宿から
歩くことにしているが、その途中に「へぎ蕎麦」の店があり、

店の前に食べやすそうに蕎麦がきれいに並んでいるので
気になっていたが、
先日、柏木小学校の帰りが、昼だったので寄ってみた。

新潟県十日町が発祥の地で、十日市は着物の一大産地。
海藻の布海苔(フノリ)は着物づくりに欠かせない素材として
昔から使われてきた。

後で知ったことだが、
十日市では、小麦が採れなかったので、蕎麦の繋ぎに、
ヤマゴボウの葉や、自然薯などが使われていたそうだが、
身近なフノリを使ったら、ツルっとした食感が好まれたという。




1-1.JPG

何で「へぎ蕎麦」と云うのか、
木を剥いだ、剥板で作った器に盛って出されることから
その名があるという。

店内は、昼時だが一組の客がいるだけだったが、
離れた席に座った。

上の画像をタップする








2-1.JPG


上の画像をタップする>
店の人が水と一緒にメニューを持ってきて、丼物を進めてきたが、
へぎ蕎麦を食べにきたからと云うと、
大、中、小とあるようだったので、中が普通かと思って、
中を注文すると、食べきれないからと云って、
小にしなさい、と云われてしまった。

中にしろ、大にしろ、何人かで突っついて食べるようだ。
新型コロナウィルスが、拡大する中では、向いてない。

店の前に展示してあったのが、大のようだ。

それにしても、へぎ蕎麦は、一口サイズに綺麗に盛ってあり、
のど越しがよく、フノリの味も意識していなかったので
違和感なく、美味しくいただいた。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック