2020年08月04日

農山漁村文化協会から、Webサイト「食と農の応援団」327名掲載の、閉鎖の案内が届いた。



一般社団法人農山漁村文化協会から、文書と記念誌が届いた。

文書の宛先には、「食と農の応援団 団員の皆様」とあった。
農文協では、Webサイトで「食と農の応援団」として、
講座や研究会等の講師陣、327名を紹介していたが、
9月に Webサイトを閉鎖するとの案内だった。
早速、当ブログのプロフィールから削除した。

「食と農の応援団」については、
2008年6月に団員として登録いただいたが、
江戸東京野菜の復活普及を始めたころだったのでお世話になった。

その後、2010年から毎日ブログを書くようになったから、
登録している内容の更新は遅れがちになってしまった。



img396.jpg

送られてきた資料には、農文協の事業案内も入っていた。

上の画像をタップする








img398.jpg

農山漁村文化協会は本年3月25日をもって設立80周年を迎え、
これを機に、2010〜19年度の10年間の出版活動をとりまとめた
出版史『続 農家に学び、地域とともに』を刊行した。

追録
農文協から刊行した江戸東京野菜関連は
1992年に「江戸東京ゆかりの野菜

二冊目は1996年に「江戸東京暮らしを支えた動物たち

三冊目が「江戸東京農業名所めぐり

江戸東京野菜」の物語編と図鑑編

講師をお願いしている阿部希望さんは「伝統野菜を作った人々」を刊行

江戸東京野菜には直接関係がないが
早稲田ミョウガの発見に尽力頂いた元早稲田大学副総長の
堀口健治先生が「就農への道」〜多様な選択と定着への支援〜
を、編著をされている。

現役時代にアメリカ農業の視察では世話になった 薄井寛さんが
「アメリカ農業と農村の苦悩」
「トランプ劇場」に観たその実像と日本への警鐘。を2月に刊行。


追申
1.weveサイト閉鎖日 2020年9月30日(水)
2 9月上旬より、サイト上に閉鎖の告知を掲載する。

閉鎖後にサイトを訪れた方には、閉鎖のお知らせが表示されます。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック