2020年09月23日

練馬大根に続き、江戸城濠大根の播種を行ったと、渡邉和嘉さんから写真添付のメールをいただいた。


練馬大根の播種については、昔から8月末と決まっていたが、
近年の地球温暖化から、9月に入ってからに、変わっているが、
これまで、渡戸章さんや、井口良男さんの様子も紹介してきた。

先日も、渡戸秀行さん、渡戸章さんと紹介してきたが、
播種日の違いで、若干の生育の差はあるものの、
気候が安定してきたことで順調な生育を見せていた。






2-1.JPG

上の画像をタップする
渡邉さんが、本葉の出た、練馬大根の写真を送ってくれた。







1-1.JPG

「江戸城 濠大根」の種を蒔いたと、メールをくれたのは、9月18日で、昨年と同じところだ。


内藤カボチャの収穫が終わった、道路沿いの角地、
カボチャの蔓をどけて、そこにマルチを敷いた。

昨年栽培した「江戸城 濠大根」は、今年の2月に開催された、
更科堀井の冬の会で使っていただいた。

昨年は、種採用のネット栽培と、食べる分とに分けて栽培をしていた。

今回播種した種は、ネット内で栽培したもので、
今年は、抽苔前に引抜いて、「江戸城濠大根」の形を決めて、
ネット栽培により、採種をする予定だ。

上の画像をタップする
21日の写真には双葉が出てきていた。

追録
「江戸城濠大根」については、本ブログのカテゴリ「江戸城 濠大根」に、2016年以来まとめてある。
posted by 大竹道茂 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸城 濠大根
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック