2020年09月26日

砂村節成キュウリを日野市の直売所で購入したと、押上「よしかつ」の佐藤さんからメールを頂いた。


9月17日、押上「よしかつ」の店主佐藤勝彦さんからメールを頂いた。
「本日、日野市の直売所にて砂村節成胡瓜が販売されていました。
小池則行さん栽培とありますが、
ご存知の事あれば教えて頂けますでしょうか?

ちなみに大きさは5寸程で白イボ、
半白と緑が交雑したような色合です。」とあった。

小池さんは知らないが、袋には「日野万願寺直売所」とあるから、
JA東京みなみの日野市内の生産農家である事は確かだ。
ただ、生産者が砂村節成胡瓜と明確に書いているとなると、
どのようなことなのか、

砂村周辺の江戸川区の農家ならわかるが、
遠く離れた日野市となると、ルーツはわからなくなる。





1-1.JPG

そんなことを考えていたら、日が経ってしまい、
慌てて日野万願寺直売所に電話をした。
所長に代わってもらったが、河野さんだという。
もしかしたら現役の時にお世話になった河野一法さんかと、
お聞きするとそうだった。

そうなると話は早い、事情を話して、
小池さんの了解を取ってもらったので自宅に伺った。

上の画像をタップする
小雨が降っていたが、砂村節成キュウリの畑に案内してくれた。
既に枯れていたが、商品にならないものが生っていた。

今年は、5月27日にセルに播種して、68本を畑に定植した。
8月4日から出荷が始まり、9月20日頃まで直売所に出したという。
佐藤さんが購入したのは最後の頃だったようだ。




2-1-1.JPG

2010年だったか南多摩の普及員が日野市の生産者20〜30人を案内して、東京都農業試験場江戸川分場に行ったおり、
砂川節成キュウリの名札がついて栽培されていた。

もいで食べていいと云うので食べると、食感が良く栽培したくなり、
お願いしてタネを100粒ほどいただき、生産したいという
参加者3人で分けて持ち帰り、栽培が始まったという。

上の画像をタップする
F1とくらべると、とにかく収量が少ない、
しかし伝統野菜だから絶やしたらもったいないと思って
栽培しているという。

9月22日に摘果した大きな果実を見せてもらった。





3-1.JPG

小池さんと別れて、河野さんが所長の日野万願寺直売所「みなみの恵」に伺った。
河野さんには、2012年に
東光寺大根の奥住喜則さんを紹介してもらっていて、
新聞記事も書いてくれた。

上の画像をタップする
同店は、2017年10月にグランドオープンして、
地元の農産物の他、国産の肉や総菜を販売する精肉店、
カフェレストランも入っていて、
オープン当時から所長を務めているという。

地元の伝統野菜支援についても改めてお願いした。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック