2020年09月27日

深大寺在来そばの土寄せ作業は、台風の影響で遅れているが、白い花が咲き始めていた。


深大寺の第89世 張堂興昭住職と深大寺一味会の皆さんが、
深大寺に伝わる深大寺在来そばの種蒔きを、
8月30日に実施したことは紹介した。

その後、そばは順調な生育を見せているようで、
深大寺一味会の林田堯瞬事務局長から、
9月18日に「土寄せ」のご案内をいただいた。

9月23日(水)、24日(木)、25(金)の、午後3時30分〜4時30分
9月26日(土) 午前9時〜11時、で実施することになっていたが、
台風12号に伴う大雨の予報から、23日、24日は中止。

その後、台風は停滞していたが、
温帯低気圧になり、25日、26日も雨で中止となった。

この先、こちらの予定が入っていたことから、
生育の状況だけでも写真を撮ろうと出かけた。





1-1.JPG

一味会メンバーの、冨澤功次さんの畑に向かった。
都立農業高校神代農場の横道から進んだところにある。

想像以上に生育していた。
手前から、白い花が咲いていた。

上の画像をタップする
そばの花には、霧雨がかかっていて、
連日の雨で、そばは更に伸びようとしていた。





2-1.JPG

張堂住職はじめ一味会の皆さんが播種した深大寺在来は
整然と並んでいた。

上の画像をタップする
圃場には、播種が途中までのところが数か所あり、
1週間後ぐらいに、改めて蒔いたようで、赤い茎が印象に残った。






3-1.JPG

第一圃場から、中央高速道路の池の谷橋を渡った南町2丁目の圃場も
順調に生育していた。

こちらの圃場は周囲を背の高い樹木で覆われたところがあり、
そのあたりは日陰になるのか、生育の遅れが数か所で見られた。

又、後から蒔いたのか、補植したような個所もあった。

上の画像をタップする






4-1.JPG

猛暑の中で蒔かれた種から発芽した蕎麦は、
霧雨の中で心地良さそうにしていて、
比較的ひらけた圃場の入り口付近は、白い花を咲かせていた。

上の画像をタップする



追録
9月30日、土寄せ作業が実施された。


5-1.JPG
土寄せ作業をする張堂住職

作業が1週間遅れたことで、これ以上育つと、そばは繁茂して、もう畑に入れないところまで来ていた。

上の画像をタップする

30日、張堂住職は、天候が良かったことから、急遽院内僧侶と共に土寄せを実施したことから、林田事務局長が写真を送ってくれた。





posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック