2020年11月08日

江東区立第二亀戸小学校で、亀戸大根の授業を行ったが、ニカメファンクラブの村上さんにもお会いした。


第二亀戸小学校(安田照雄校長)の4年生が亀戸大根の授業をすると云うので伺った。

亀戸大根の栽培は、亀戸の香取神社に平成9年「亀戸大根」の説明板を建立したことがきっかけで、3月初めに福分けまつりが始まりその日に合わせて、香取神社では亀戸地区の小・中学校で栽培した亀戸大根の収穫祭が始まった。

同校での授業は、安田校長が同校に着任した2016年度からお招きいただいているが、今年度で4年目、今年3月に開催予定だった収穫祭は、新型コロナウィルスの関係で、中止になってしまった。
来年3月の収穫祭に向けて、地元の亀戸大根を知ろうと開催されたもの。





1-1.JPG

これまでは、ランチルームで授業を行っていたが、今回は、ソーシャルデスタンスを取って、体育館に3組の児童が集まった。

上の画像をタップする。

亀戸大根は、江戸時代の末期に突然変異で、茎まで真っ白な大根が生まれたもの。

農家は、きれいな大根と思いそれで種を採り、翌年それを蒔いて市場にもっていくと、白好きの江戸っ子は、粋な大根だと云って、3倍の値で売れたと云われていて、それから亀戸大根は白茎で販売されるようになりました。
こんなきれいな大根は、世界にもないようだ。

亀戸大根は、アブラナ科の植物で、小松菜、白菜、ブロッコリー、キャベツ、ワサビ、の特徴的な写真を見せて、各野菜の花を映して十字花科植物として説明。

ほうれん草、西洋ふだん草、しゅんぎくと、小松菜に似た葉物野菜に、花を映し出して、ヒユ科だったりキク科だったりと、花の違いを説明。






2-1-5.JPG

同校の創立100周年(2011年)記念で作られた「宝船」をステージ前に展示してもらった。、

上の画像をタップする

そもそもは亀戸の香取神社に伝わる宝船で、宝物殿に展示されているが、天保年間(1830年代)に刊行された江戸名所図会に描かれている。

同校では毎年、宝船に収穫した亀戸大根を積んで、収穫祭に運びこんでいる。
来年は、110周年になる。





3-1.JPG

5分ぐらいの質問の時間がとれた。

上の画像をタップする
亀戸大根の大きさは?
大根が30p、葉は少し長い

大根は、白いのしかないのですが?
 赤い大根、ピンクの大根、グリーンの大根、黒い大根等あります。

江戸東京野菜の内、どれが一番好きですか?
 どこでも出る質問で、亀戸大根と応えるのを期待したのか・・・
江戸東京野菜は旬のある野菜、季節と関係する野菜で、
美味しい時期があり、一つに絞れないと・・・。



追録


4-1-5.JPG

同校には「ニカメファンクラブ」という、おかあさんの会があり、亀戸大根や稲の栽培指導などを行っていることを知り、

安田校長に授業の日にお会いしたいとお願いしていたら、村上さんが都合をつけて来ていただいて、お話しを聞くことが出来た。

上の画像をタップする

「カメ米」と呼ぶ、水稲の切株が残っていて、カメ米の栽培指導もしたことはニカメファンクラブのブログに掲載されている。
亀戸大根の収穫祭は2018年に掲載していた。

亀戸大根を栽培するために、畝を高くして、畑の準備ができていた。

近いうちに亀戸大根の播種を行うそうだが、5年生から4年生に種の伝達、いわゆる「命をつなぐ栽培授業」を、担任の先生と相談して行うようお願いした。
同じ江東区立の砂村ネギの事例は参考になる。

栽培したサツマイモの茎でリースを作り、クリスマスに使うとかで陽に当たらないように干してあった。

村上さんは「100周年の「宝船」作りもお手伝いした」とお聞きした。




5-1-2.JPG

亀戸香取神社の収穫祭には、小学校ばかりか、JR亀戸駅、東武亀戸線の駅、駅ビルのアトレでも亀戸大根を栽培していて、収穫祭には参加する。

上の画像をタップる

亀戸駅では、ホーム脇の菜園で栽培していたが陽が当たらず、数年前から陽が当たるホーム寄りで栽培していて、丁度双葉が出たところだった。
posted by 大竹道茂 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック