2020年11月23日

明治神宮の新嘗祭に、楼門と回廊に野菜の宝船が並んだ。


明治神宮農林水産物奉献会は、首都圏の篤農家が、明治神宮を中心に戦後のわが国食糧事情を好転させようと結成された組織・足食会(そくしかい)が、その後、変遷してきたが、今日、JA東京グループ会長の城田恒良氏が会長を務めている。

毎年1月2日に明治神宮で開催される、同奉献会総会において、新嘗祭における宝船奉納が決定するが、今年はローテーションによって、南神門の両サイドに、今年はJA東京中央の千歳地区と、JA東京みどりの国立地区が決まっていた。




1-1.JPG

22日は天候も良かったことから、七五三の参詣者も多かった。

上の画像をタップする
南神門の左手はJA東京みどりの宝船、右手はJA東京中央の宝船。

宝船は新嘗祭が終わると、ばらして施設などに配られる。
宝船の前にある野菜や花も・・・・




1-2-3.JPG

1980年(昭和55年)当時、宝船の担当をしていたが、
当時の説明板が今も使われていた。

上の画像をタツプすると拡大。
当ブログで初めて紹介した2007年には説明を行っている。

それにしても、これだけの宝船が並ぶのは明治神宮だけだ。







2-1.JPG

今年は南神門の右手がJA東京中央の千歳地区の生産者の宝船。

上の画像をタップする







3-1.JPG

南神門の左手はJA東京みどりの国立地区が決まっていた。
国立野菜とあるが、
この地区ではお米も取れることから米俵が乗っている。

上の画像をタップする






4-1.JPG

回廊にはまず、JA東京あおば練馬地区青壮年部の宝船。

上の画像をタップする
「世田谷の熱と真心の会」は、世田谷区等々力の大平信彌、博四親子の大平農園(現美和子さん)で研修を重ねた方々の会で、
各県の生産者からの奉納産物を乗せた宝船。
博四さんの代から無農薬栽培になった。





5-1.JPG

JA八王子の宝船

上の画像をタップする
三鷹市野菜生産組合のカリフラ、ブロッコリー





7-1.JPG

JA町田青壮年部の宝船・豊作丸。

上の画像をタツプする
日野市、多摩市、稲城市の農業後継者達が作り上げた。
JA東京みなみの宝船を見ていたら、JA東京みなみ出身の
水口均さん(JA東京中央会江戸東京野菜推進室)にお会いした。




8-1.JPG

JA東京中央砧地区青壮年部の宝船。

上の画像をタップする
世田谷の等々力農振会の宝船。






9-1.JPG

JA東京スマイル葛飾支部の宝船。

上の画像をタップする
明治神宮農林水産物奉献会の個人奉納の各種野菜。





a-1.JPG

上の画像をタップする
浅草葱善の田中庸浩社長は、2016年から明治神宮の新嘗祭に江戸千住葱(江戸東京野菜)を奉納している。

今年も、農薬・化学肥料を使っていない足立の内田宏之さんの
千住ネギを収穫したと、メールをいただいた。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック