2020年11月25日

江戸東京野菜の「治助イモ」のレシピづくりに地元小学校から依頼された江戸東京野菜コンシェルジュの増田さんから報告があった。


今年の1月に、奥多摩町立氷川小学校(松下静徳校長)の6年生の担任だった、稲葉義愛先生と、滞在型のクラインガルテン ”おくたま海沢ふれあい農園” の堀隆雄さんから食育授業の依頼をうけた、江戸東京野菜コンシェルジュの増田純代さんが調理実習の指導をしたことは、当ブログで紹介した。

今年度は、稲葉先生が5年生の担任になったことから、今年も食育授業の依頼を受け、実施したと報告を受けた。

同校は、東京都の西の端、標高350メートルに位置し、山に囲まれた山間部の児童数57名の小学校。

特産物は、伝統野菜の奥多摩ワサビと治助イモで、奥多摩町では治助イモを商標登録している。




1-1.JPG

「治助イモ」は、奥多摩に隣接した山梨から伝わった江戸時代のジャガイモで、2019年に江戸東京野菜に登録された、生産者は21名で、山の斜面のような畑で作っている。

ねっとりと濃厚な味わいで、奥多摩では蒸した治助イモに各家庭独自のネギ味噌をつけて食べるのがソウルフードになっている。

氷川小学校の5年生10名は増田さんの指導で、治助イモのレシピ開発に取り組んでいる。




2-1.JPG


増田さんのメールによると
「こどもたちは班に分かれて、"治助イモの歴史" "治助イモの特徴" "治助イモの料理" "治助イモの栽培"、を調べて、10月にZoomで学校と繋ぎ、みんなのプレゼンを聞かせていただきました。

上の画像をタップする

11月は男爵イモと比較して実際に調理と試食。さらに治助イモについて学習しました。

2回の授業を踏まえてこれからこどもたちは新しいレシピを考え決定したレシピは給食に出されるそうです。」






3-1-1.JPG

上の画像をタップする
素直で活発な氷川小学校の5年生(当日は9名)。
Zoomからは、真剣に取り組んでいる様子が伝わってきました。

また担任の稲葉先生、”おくたま海沢ふれあい農園” の堀さんと大野さんの奥多摩愛を感じ有意義な時間でした。

校長先生も試食の時間に足を運んでくださいました。
レシピ完成が楽しみです。
」とあった。

江戸東京野菜コンシェルジュの活躍は頼もしい限りだ。

追録
食育のオンライン授業は、地元の西多摩新聞にも掲載された。

追申
食育授業として、Facebook でも#野菜の講座として紹介している。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック