2020年12月11日

江戸東京野菜の食育事例として、練馬区立光が丘秋の陽小の3年生が栽培に取り組む練馬大根。


練馬大根引っこ抜き競技大会の練馬大根が、学校給食に使われた。

練馬区立光が丘秋の陽小学校(関根幸男校長)の佐藤綾子栄養教諭は、
江戸東京野菜の歴史や、伝統野菜復活について理解をいただいていて、
江戸東京野菜で食育の授業を設けてくれていて、12日には伺う。

2年生は雑司が谷ナスの栽培、3年生は練馬大根の栽培、
そして6年生は12月12日に練馬大根の歴史、食文化の話をする予定だ。
(尚写真は同校から提供いただいた。)





1-1-2.JPG

上の画像をタップする
練馬大根のタネは、練馬区から提供を受けたものだが、このタネは、
練馬大根伝来種で、渡戸章さん、白石好孝さん、五十嵐透さんが
練馬区から委託を受けて採種したもので、江戸東京野菜だ。
マルチの穴に、種を3粒蒔いた。





1-0chizu.JPG

3年生が行っている練馬大根の栽培授業は、練馬区田柄の農家
・上野誠さんの自宅前の畑で、友人の青果商・阿部さんが指導して、
9月9日播種を行った。

上の画像をタップするとGooglrMap





2-1.JPG

10月1日、小雨が降る中、間引きは行われた。
児童は、葉柄をつかんで抜いたので「大根の葉がちくちくして痛い!」
大根の若葉には害虫から身を守るために、葉柄に細かいとげがある。

まさに体験学習で、体験しないと知ることができないトゲ。
市販の青首大根にもある。

上の画像をタップする
児童は間引き菜を自宅に持ち帰ったが、
味噌汁の具にすると美味しいと、佐藤栄養教諭。





3-1.JPG

12月4日に、上野農園で栽培している練馬大根を引っこ抜いた。
3年生が抜くとなると大騒ぎで中々抜けない、折ってしまった児童も

上の画像をタップする
抜いた練馬大根は学校に持ち帰り、泥を洗い落として干し大根に、
出来上がると児童が持ち帰るという。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック