2021年03月02日

2021 とうきょう特産食材使用店ガイドが届いた。


とうきょうを、食べよう。2021 
「とうきょう特産食材使用店ガイド」を東京都産業労働局農林水産部
食料安全課が2月に刊行し、このほど届いた。

「世界中の食材が集う美食の都、東京。
三ツ星の名店で世界を食べるのもいいけれど、

”とうきょう特産食材使用店” で、
とうきょうを食べるのも悪くない。」

と、トップページのリードにある。




1-1.JPG

上の画像をタップする
東京は、都心周辺の都市農業から、西の中山間農地、
そして洋上1千キロまでの島しょ農業まであるが大産地ではない。

東京中央卸売市場に全国から入荷する農産物は何でもあるのが、
東京の農産物で、伝統の「江戸東京野菜」まで残っている。

店舗一覧エリア別から探す。

食材種別から探す。






2-1.JPG


上の画像をタップする
伊豆諸島と小笠原諸島の食材を食べさせる店が紹介されている。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック