2021年03月25日

目黒川の桜が満開だというので出かけたが、ガセネタで、まだ3分咲で7分咲きの樹が数本というところだった。


このところの暖かさで、桜の開花情報をテレビが伝えていた、
木曜日から天候が変わり、風も強くなるとのことで、
青空を背景に桜の花を撮れるのは何日もないというので、
目黒まで足を延ばした。

目黒川の桜が、有名になったのは何時頃からだろうか、
子どもの頃、桜の印象はないが、樹の太さから見ると
樹齢は50年ぐらいだろうか、目黒区立目黒資料館に聞いてみた。

古くは昭和2年に植えられた。染井吉野は寿命が短いから
昭和16年に植えられたが空襲で焼かれ、川の護岸工事もあり、
昭和36年に植えられた。今、花を咲かせているのは、
昭和62年に植えられたものだという。

16年の桜は空襲で焼けたし、36年には練馬に引っ越したから
子どもの頃、目黒川の桜は、印象に残ってはいないわけだ。





1-1.JPG

目黒駅から権之助坂を下って、目黒新橋から太鼓橋方面を望む。
新型コロナの影響か、
例年桜が咲く頃に下がっているボンボリはなかった。

上の画像をタップする
3分咲きの樹から、7部咲きまであるから、
長期間、目黒川の桜を楽しめる






2-1.JPG

太鼓橋から空の青さが綺麗だった。

上の画像をタップする
太鼓橋の袂、雅叙園寄りの桜はピンク色。






3-1.JPG

歌川廣重の太鼓橋は冬の季節で、上流部から描いたものだ。

上の画像をタップする
目黒川に架かるように枝が張り出して見事だった。
太鼓橋の上では、橋の袂の桜を皆で撮っていた。






5-1.JPG

再び目黒新橋に戻って、上流の田道方面を眺めた。

上の画像をタップする
4-5年前までは水上バイクが爆音をたてて、競い合っていた。

こちら側は、3分咲きの樹が多く、しばらくは楽しめそうだ。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック