2021年05月18日

西新宿小学校では、地元の伝統野菜、内藤カボチャの栽培を5年生が行っているが、今年も授業が始まった。


都庁のツインタワーに最も近い、新宿区立西新宿小学校(長井満敏校長)
では内藤カボチャの栽培を行っているが、今年も5年生が
栽培するというので、苗を持って行ったことは、紹介している。

先日、授業があったので、栽培指導をされる梶谷正義先生と伺った。






1-1.JPG

少し早く着いたので、校長室で長井校長と懇談を持つ機会ができたが、4月から新宿区では全校生徒にノートパソコンが貸与された
というので、見せていただいた。

液晶画面とキーボードが分かれ、タブレットとしても使える
ノートパソコン。

これなら調べ学習もできるというもの。






2-1.JPG

5年生は2クラスあり、1クラス目は14時50分から、2時間を使って
栽培指導まで行ったが、

「東京の農業」から入り、「江戸東京野菜とは」と、
「新宿の昔の野菜」「内藤カボチャの物語」についてパワーポイントで説明を行った。

上の画像をタップする
授業に集中させるために、生徒たちに質問をして、手を上げさせ、
答えさせながら進めた。







3-1.JPG

同じ時間に、梶谷先生はもう1クラスで栽培指導をされ、
校庭に面した栽培スペースに定植をさせた。
同校には、体育館の脇に菜園があるが、ボールが飛び込まないよう
にと網があり。日当たりもよいことから、
例年この場所に植えられている。

上の画像をタップする

後日、梶谷先生に、児童たちから、質問が届いた。

@ ウリハムシ以外の悪い虫はいますか
A 逆にいい虫はいますか

B 調べるとねぎやにらを一緒に育てるとよいと書いてありました。
やったほうがよいですか。

C 一回にあげる水の量や時間帯はいつですか。
D いちばんおいしく食べられる旬はいつですか

E 梶谷さんが育てるときは、どういう気持ちで育てているのですか
F 西洋かぼちゃの花粉とまざらないために何か方法はありますか



追伸

梶谷先生からの答えはここから。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック