2021年07月02日

新型コロナウィルスワクチンの2回目の高齢者接種で7月1日に丸の内に出かけて終わった。


新型コロナウィルスのワクチン接種は、地元の市では予約がとれず、1ヶ月先に回される有様に、自衛隊東京大規模接種センターに電話をかけたら、簡単に取れたことでほっとしたことを覚えている。

新型コロナウィルスワクチンの2回目の高齢者接種で1日に丸の内に出かけた。
地元市では、ファイザー社のワクチンで、2回目は21日(3週間)後の接種だったが、自衛隊はモデルナ社のワクチンで2回目は28日(4週間)後だった。

モデルナは2回目までの日数が長いが、予約が取れないのでは話にならないので、自衛隊にお願いした。





1-1.JPG

1回目の接種後に、次回空いているのは7月5日ということだったが、
自宅に帰って、1日でも早く接種を受けたいので電話で予約変更
を申し入れて7月1日(28日後)の接種の予約が取れたもの。

東西線の竹橋駅を出ると、和気清麻呂像の向こうに、
接種会場の大手町合同庁舎の3号館。

上の画像をタップする
外で酒を飲むことは全くないが、出掛けることが多いので、
2回目の接種を受けたことでほっとした。

変異ウイルスのデルタ株が感染拡大する中で、
ファィザーワクチンが希望量に対して供給量が不足して
接種が先延ばしになるという。自衛隊にお願いしてよかった。







2-1-5.JPG

東西線竹橋駅の上が大手濠緑地で、紀元2600年を記念して
和気清麻呂像は、昭和15年2月に建立されている。

上の画像をタツプする
像の隣に建つ説明板「國體擁護」

清麻呂像の後ろが、KKRホテル東京だが、かつては「中央気象台」
現在は通りを渡った大手町合同庁舎3号館の手前に移った。






3-1.JPG

皇居の大手濠緑地からみる濠には水草が繁茂していて、
水草の葉を押し上げるようにして鯉が息をしていた。

上の画像をタップする
何という水草かわからないが、ホテイ草の仲間のようにも見える。

渡邉徳好さん "ヒシ" の情報ありがとうございました。






4-1.JPG

関東大震災で被災した「震災イチョウ」焼け跡が残るイチョウ。

上の画像をタップする
文部省の構内で被災したイチョウは
帝都復興計画による区画整理事業の中で切り倒されることになり、
それを聞いた当時の中央気象台の岡田武松台長が惜しみ、
帝都復興局長官に申し入れて、現在の地・元中央気象台の目の前の
この地に移植された。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | その他関連情報
この記事へのコメント
 水草はヒシ のようですね。

検索したら出てきました。


https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%83%92%E3%82%B7#1ab09adc926ad0ace45ac26098b69053
Posted by 渡邉 徳好 at 2021年07月02日 16:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック