2021年08月01日

富士浅間神社が祀られている 護国寺の音羽の富士に登る。


これまで、浅間神社を祀る富士塚を紹介してきて、
前回は瑞穂町にある富士山(やま)の浅間神社を紹介した。

今回は、池袋から近い護国寺の音羽の富士。
護国寺は真言宗豊山派のお寺に、富士浅間神社が祀られているのは、
護国寺だけと聞いている。








1-1.JPG

仁王門を過ぎて、不老門の石段の下に「音羽富士」の案内版があり、
右に回り込むようになっていた。

上の画像をタップする
冨士道を橋を渡って鳥居をくぐり、富士一合目へ
山頂を望む。







2-1-2.JPG

標高は7mだという。.

上の画像をタップする
頂上付近には、富士山の溶岩が使われていた。

親から離れて登ってきた幼児が一人。
頂上から富士の裾を望む。








3-0.JPG

護国寺は天和元年(1681)2月7日創建、五代将軍綱吉の生母・桂昌院の
発願で、幕府の高田薬園の地に建立。如意輪観世音菩薩像が本尊。

明治16年、大正15年と火災にあったが、観音堂(本堂)は
元禄以来の姿を変えず、本堂の観音堂は重要文化財になっている。

上の画像をタップする
江戸市民の崇敬篤い、観世音の額
号を神齢山悉地院護国寺と称することから、「悉地院」の額

御本尊の如意輪観世音菩薩、
国宝石山寺の多宝塔の写し(写真下右)。
釈迦如来坐像(写真下中)

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック