2021年09月14日

練馬区平和台の渡戸章さんが播種した練馬大根は、すでに本葉が数枚出ていた。


練馬大根の栽培では、第一人者の渡戸章さんに、
大根の芽が出てきたか、電話で聞いてみた。

練馬大根は、かつては、8月末には種を蒔いたものだが、
地球の温暖化で年々播種の時期が遅くなっている。

「大根の芽は出ているよ!」と云うので寄ってみた。

昔は、沢庵漬けにすることから、12月になると全部抜いて、
干し大根にするが、最近は1月になっても飲食店の
需要があることから播種の時期も、

数日おきの播種も見受けることがある。






1-1.JPG

本葉が出ていたので、渡戸さんに伺うと、1週間前、
雨が上がったところで蒔いたという。

上の画像をタップする
ここ数日、暑い日が続いたことから、本葉も出てきたが、
風は秋風で、また涼しくなるようだ。
台風も心配だ。







2-1-1.JPG

渡戸さんは、20日から25日で間引きをするというので、
9月末から10月初めのようだ。

上の画像をタップする。







3-1.JPG

渡戸さんの農園には、地元の小学校、練馬区立北町小学校を始め、
北町西小、開進第一小が、練馬大根の種蒔きにやってくるが、
今年は新型コロナの感染拡大の中で、
緊急事態宣言が延長されたことから、各校とも中止となったという。

上の画像をタップする
そこで、渡戸さんが2〜3日前に播種したという。

この大根、12月になると、各校の生徒たちに抜いてもらうそうだ。

抜いた大根は、例年、生徒が自宅に持って帰るという。



追録

4-1.JPG

昼頃に、朝取野菜の「すずしろ」に伺ったら、

上の画像をタップする
入り口に、野菜が置いてあった。
小松菜150円、水菜150円、青唐辛子100円、ゴーヤ100円、ニラ100円、
葉唐辛子150円(佃煮用)とあった。

渡戸さんは、JA東京あおばの、総合園芸センターふれあいの里に
出荷しているが、地元の消費者向けに販売している。

たまたま来た、ご近所の若い奥さんが、ナスとニラを買いに来たが、
「ナスはそこのハウスになっているからこのハサミで切っていって!、
1個50円!!」と云ってハサミを渡した。

「ここのは新鮮だから味が違うのよ」とは、若い奥さん。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック