2021年09月16日

西新宿小学校の6年生に、地域の方から、内藤カボチャが二つも生ったと写真が送られてきた。


新宿区立西新宿小学校(長井満敏校長)では5年生が内藤カボチャの
栽培をしているが、生徒たちは毎年、地元のカボチャを広く
知っていただくために、地域対応の活動を展開している。

例えは、新宿駅構内に近い地下街で、発表を行ったり、
小池都知事に活動を報告したり、
又、昨年のように新宿区報で、区民に種をお分けすると掲載したりと、

地域の歴史文化を知らしめるための活動を展開してきた。


1-1-5.JPG

上の画像をタップすると拡大
昨年5年生の担任だった川ア香澄教諭は、引き続き6年生の担任を
されていて、このほどメールが届いた。

昨年度の5年生は、伝統を広めようということで、西新宿小学校で
とれた内藤かぼちゃからとれた種を地域の方に広めるという
活動を致しました。

今年の収穫時期になり、
収穫できたというご報告を多数いただきました。
そのうちの1つをお送りいたします。
」とあった。


2-1.JPG

教育の一環として行っていることなので、
内藤さんのように写真を送って頂くことは大切なことだ。

プランターと露地で栽培されたようだが、
露地で2つもなったのは成績は優秀だ。
特に、内藤カボチャの特徴が表れた良いカボチャだ。

上の画像をタップする






3-1.JPG

内藤カボチャをネットで調べてみると、
多様な写真が掲載されていて困ったものだ。

伝統野菜は揃いが悪いから、
交配種のように全く同じものができることは少ないが、
西新宿小学校が配布した苗で栽培した内藤カボチャと、
比べてみると一目でその違いがわかる。

のっぺりとした表皮は、西洋カボチャと交雑したかのようで、
これらを内藤カボチャとして掲載されるのは迷惑なことだ。

上の画像をタップする
これが、内藤カボチャだ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック