2021年11月08日

亀戸香取神社の福分け祭りに向けで、栽培が始まっていた亀戸界隈。


毎年3月の2週目の日曜日に開催される亀戸香取神社の福分け祭りと、
それに先立って開催される亀戸大根の収穫祭は、
2000年に地元の小学校7校で始まったが、20年の経過の中で、
統廃合もあったが、中学校に幼稚園が加わり、
JR亀戸駅をはじめ、アトレ亀戸店、東武亀戸駅なども加わって
大きなイベントになっている。

亀戸駅ビルの「アトレ亀戸店」では、
山田智士さんが企画した2017年から参加しているが、
まだやっているのか電話をすると山田さんは、本社にお勤めで、
亀戸店に連絡しておいてくれるという。

香取神社の収穫祭には、2017年から2019年までは奉納して
参加していたが、新型コロナの感染拡大を受けて、
2020年、2021年は栽培していたが、福分け祭りは中止された。

今年度、2022年3月の福分け祭りは、感染防止策を実施することで
福分け祭りの開催は可能となっている。
しかし、今後の感染の様子を注視していかなければならない。






1-1-5.JPG

アトレ亀戸店では、担当の安念ひとこさんが、
山田さんから連絡を受けて、待っていて案内してくれた。

上の画像をタップする
亀戸香取神社の収穫祭に参加するのに、アトレのお客様に種まきを
してもらうイベントを実施していた。

「楽しく学べて、アトレ亀戸で、思い出を作ってください」
会場は、アトレ8階「そらいどひろば」で亀戸大根の種を播種した。

土の中に埋まったお宝を探し出す「宝さがしタイム」や
亀戸大根について、一緒に学ぶ「お勉強タイム」も実施。

【日時】2021年10月9日(土) ※雨天時、10月16日(土)に延長
    @11:00〜12:30 A14:00〜15:30
【対象】5歳〜小学生以下のお子様 ※親同伴必須。
【定員】各回7名様の14名が参加された。
亀戸大根種植え付けイベントは、満員御礼だった。







2-1.JPG

安田貢記店長が8階に来てくれた。2017年以来の再会だった。

上の画像をタップする
播種して、1か月を経過しようとしていて、大きくなっていた。
来年2月に収穫イベントも計画。3月には香取神社の収穫祭に奉納。
その後、種採りを行い、次年度に伝える、命の伝達だ。





3-1.JPG

江戸東京の農業説明板「亀戸大根」の、香取神社に足を延ばした。

上の画像をタップする
亀戸大根の物語に加えられる物語がある。

香取神社から始まる。
第一亀戸小、第二亀戸小、亀島小、香取小、水神小、浅間小、
堅川小の7校で始まった収穫祭は、

現在は第一亀戸小、第二亀戸小、香取小、水神小、
第一亀戸幼稚園、第二亀戸幼稚園、第三亀戸中と
地元のJR亀戸駅、東武亀戸駅、(株)アトレ亀戸店に、
今年から花王東京工場が栽培を始めたという。






4-1.JPG

亀戸香取神社に升本が亀戸大根碑を建立した物語は、
紹介しているが、そこから同社はさらに発展している。

すずしろ庵では、店長が出てきてくれた。

上の画像をタップする。
升本の数軒先に享和2(1802)年創業の老舗「江戸鼈甲店」
亀戸だけにベツ甲に注目した。
眼鏡、かんざし等、ベツ甲製品が並んでいた。





5-1.JPG

JR亀戸駅のホーム下に、亀戸大根が栽培されている。
当ブログで紹介したのが、2010年だが、
JR亀戸駅も「亀の会」のメンバーとして栽培している。

しかし、当初の栽培地は、まったく太陽光が直接当たらない
ところだったが、数年前から、陽の当るところにブロックで
囲って栽培しているが、先日写真を撮ったら、日陰だった。




posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック