2014年01月10日

2013、第17回 東京「農」の風景・景観コンテストの事例集が出来上がった。

2013、第17回 東京「農」の風景・景観コンテストの事例集が出来上がった。

東京「農」の風景・景観コンテストは、平成9年度(1997)から始まったが、都市には農地が必要だと地域として保全し、時代に伝えていこうと継続されている。




17回.JPG

上の画像をタップする

6「ハウス増やし、次世代に残す小金井の畑」の高橋健太郎さんは、伝統小松菜や、馬込半白キュウリの栽培をしている。

7「江戸中期からの歴史歴史感じる本木町の花ハス」の横井浅雄さんの蓮田は、足立区の内田さんのお宅に行く時に通る。

9「農業の楽しさ、大切さを伝える 日野市東平山の農業体験農園「コバサン農園」」の小林和夫さんは、日野産大豆プロジェクトを推進していて、当ブログで紹介している。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック