2021年11月24日

皇帝ダリヤは、澄んだ秋空が良く似合う。



報告することが色々あって、季節の話題は後回しになってしまう。

我が家の皇帝ダリヤは沢山の蕾を付けていたが、
11月になって咲き始めた。

比較的天候にも恵まれて、満開になったが、
先日の雨で散りはじめた。

例年は、背が高い分、台風によって倒されてしまうが、
今年は大した風が吹かなかったものだから、
9月ごろから、蕾を付け始めていた。





a7-1-6農の景観コンテスト.JPG

皇帝ダリヤは、秋空が良く似合う、澄んだブルーと、
ピンクの花は良く似合う。

上の画像をタップする
二階から見ると真横だが、やはりバックは青空がいい。

posted by 大竹道茂 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック