2021年11月30日

淀橋市場集荷力向上・販売促進部会の皆さんが「江戸東京野菜をまるごと体験しよう、見る、穫る、知る、食べる」に参加頂いた。


昨年の10月に、東京都中央卸売市場淀橋市場(小堺恵場長)の、
淀橋市場戦略推進委員会に江戸東京野菜の
勉強会を開催していただいた。

今回は、JA東京中央会と淀橋市場集荷力向上・販売促進部会が
主催するもので、江戸東京野菜コンシェルジュ協会がお手伝いを
させていただいて「江戸東京野菜をまるごと体験しよう、見る、
穫る、知る、食べる」の企画となった。

この事業、昨年は新型コロナの影響で中止だったが、
2019年には、足立で実施していて千住ネギを収穫して頂いた。





1-1.JPG

今年は、練馬区平和台のファーム渡戸(園主渡戸秀行さん)に伺い、
【見る】、【穫る】、を体験していただく。

上の画像をタップする
淀橋市場青果卸売協同組合の宇田川進副理事長(取引部会長)が、
参加団体の責任者として挨拶をされた。







2-1.JPG

淀橋市場は休みだったが、遠くの産地の産物が届いていた。

上の画像をタップする
当日、移動中のバスの中で配布された資料。

車内では、主催者をはじめ、淀橋市場と取引のある
青果商の皆さんの自己紹介がり、
宇田川副理事長をはじめ、
淀橋市場青果卸売協同組合 三田雅之事務長、
東京都青果物商業協同組合淀橋支所 飯塚高史本部青年会会長
(八百屋塾実行委員長)の声も聞こえた。

和やかな、雰囲気の中で、会場のファーム渡戸に到着した。






3-1.JPG

ファーム渡戸は、有楽町線平和台の駅から近く、1haの面積を
所有して江戸東京野菜を栽培している農家として、
会場に選ばれたもの。

上の画像をタップする
圃場で、挨拶をされた渡戸さんは、江戸東京野菜を年間を通して
練馬大根、亀戸大根、伝統小松菜、品川カブ、馬込三寸ニンジン、
滝野川ニンジン、滝野川ゴボウ、寺島ナス、馬込半白キュウリ、

三河島菜、下山千歳白菜、シントリ菜、のらぼう菜、金町コカブ、
内藤カボチャ、内藤トウガラシ、砂村一本ネギ、八丈オクラ等、
20種類ほどを栽培していることから、一番多く栽培していて、

消費者には江戸東京野菜の物語についても話をしていると、
江戸東京野菜への思いを、皆さんに熱っぽく話された。








4-1.JPG

収穫体験は、やはり練馬特産の練馬大根で行われた。
渡戸さんから抜き方の指導があったが、さすが青果商、普段から
重い段ボールを持っているからだろうが、難なく抜いていた。

上の画像をタップする






5-1.JPG

時間の関係もあり、収穫体験は練馬大根だけだったが、お土産に、
馬込三寸ニンジン、伝統小松菜、金町コカブ、亀戸大根、
品川カブが用意された。

練馬大根、馬込三寸ニンジン、品川カブは、12月中旬が収穫目標
だったから、少し細かったりしていた。

持つのは大変だったようだが、バスに持ち込んだ。






6-1.JPG


新宿の会場では【知る】、【食べる】

江戸東京野菜の物語は、一部の方には、昨年聞いて頂いていたが、
練馬大根、亀戸大根、伝統小松菜、馬込三寸ニンジン、東京ウド
滝野川ニンジン、金町コカブ、早稲田ミョウガタケ、のらぼう菜
等の物語と、ホテルや老舗店で提供されている事例を紹介した。

上の画像をタップする






7-1.JPG

上原恭子理事(江戸東京野菜コンシェルジュ協会)から、
本日の江戸東京野菜、金町コカブと馬込三寸ニンジン、
の料理が試食として出された。

上の画像をタツプする
*金町コカブの千枚漬け風
金町コカブを繊維に直角にスライスし、
赤酢/砂糖/塩/昆布で漬けるわが家の定番メニュ−です。

*馬込三寸ニンジンの白滝煮
白滝を鰹だし/醤油/みりん/塩で煮て、たっぷりのすりおろし
馬込三寸ニンジンを仕上げ少し前に加えました。

*馬込三寸ニンジンのクリームチーズあえ
繊維に直角にスライスした馬込三寸ニンジンを軽く炒めて冷まし、
クリームチーズ/完熟胡椒/粒マスタードであえました。







8-1.JPG

お楽しみの特製弁当は、上原さんの友人大瀧政喜さんの
(有)ブレーントラスト ソースマジックケータリングに依頼した。

上の画像をタップする
弁当地図が書いてあるから、一つひとつ
確認して食べることができた。

練馬ダイコン、亀戸大根、滝野川長ニンジン、ごせき晩生小松菜、
金町コカブ、シントリ菜、紫芽の江戸東京野菜が使われていた他、
ナチュラルビーフ、アトランティクサーモンと
バランスのとれた美味しいお弁当だった。



追録
A-1-1.JPG

バスの中で「昭島の船木です!」と、後ろの方から聞こえたが、
顔はわからなかった。
練馬大根を抜いたスナップの中にこの写真があった。

新宿の会場に来て、挨拶に伺ったら、昭島市中神だという。
中神なら、先日市立中神小学校3年の授業に行ってきて
現在、伝統小松菜を栽培している。

色々聞いていたら、私も買いに行く、青果と鮮魚の丸義の
船木竜太郎社長で、当ブログでも紹介していた。

上の画像をタップする
同社のメール会員登録をしているから、
スマホに毎週お買い得情報を送ってくれる
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック