2021年12月02日

40数年前の「連続テレビ小説」に、江戸からの白首大根が、使われていた。


9月からNHKBSスペシャルで「マー姉ちゃん」が放送されている。

この番組、NHK 総合 「連続テレビ小説」として、1979年(昭和54)の
4月から5か月間ほど続いた番組で、40数年も前、35歳の頃、

出勤前に見ていたが、マンガ「サザエさん」の長谷川町子さんが
原作で、コミカルな内容で楽しみにしていたものだ。





1-1.JPG

先日再放送された54回を見ていて「おや!」、と思った。
当時は、江戸東京野菜に取り組む少し前だから、このシーンの
記憶がなく、気が付かなかったが、

VTRを撮っていたので、改めて見てみたら白首大根が使われていた。
近所の奥さんが、夕方の買い物帰りに磯野家の前で・・のシーン。

大根は何の意味も持っていないが、
物語は、戦争中の昭和17年頃の様子で、今から考えると練馬大根に
バイラス病が発生していた頃だ。

時代考証から、選んだのかと思ったが、撮影された昭和53年は
まだ、白首大根の時代で、当時、練馬大根、亀戸大根、大蔵大根、
志村みの早生大根、汐入大根が流通していた。


熊谷真実さん主演に、田中裕子さん、藤田弓子さん等、
皆さんお若い。
亡くなった河原崎長一郎さん、鈴木光枝さん、日下武史さん、
江戸家猫八・小猫の親子、愛川欽也さん、三崎千恵子さん等、
懐かしい方が出ていた。





画像1.jpg

上の画像をタップする
改めて、江戸の大根「粋な江戸っ子は白首大根」を紹介する。



posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック