2022年04月21日

東京女子学院高等学校フードカルチャー(FC)コース、新2年生の授業が始まった。


東京女子学院高等学校(野口潔人校長)フードカルチャー(FC)コース
(保積栄理教諭)の、授業が月曜日に行われるというので、
渡邉和嘉さんと伺った。

授業が始まる前の時間を利用して、保積先生と打ち合わせを行った。

昨年、菜園が出来たので、今年度5月の連休前に菜園の
草むしりなどの整備を行い、

連休明けの授業から、江戸東京野菜の、寺島ナス、内藤カボチャ、
内藤トウガラシ、馬込半白キュウリなどの栽培の他、
生徒の希望として、ミニトマト、サツマイモなども取り入れる。

江戸東京野菜の講座と、東京野菜として檜原村のルハーブの調理等
6月になってから実施することになった。




1-1-5.JPG

2022年度のFCコースの2年生は18名、18日は圃場の整備と
調理が予定されていて、学校近くの菜園で、
草むしりと掘り返しを行った。

生徒の皆さんは、スコップ等をもって集合し、渡邉さんから、
作業の意図などの説明があった後、
穂積先生の指示に従って作業を行った。

上の画像をタップする
長期間宅地として放置してあったことから、作物を作ったことが無く
スギナがはびこっていた。






2-1-1.JPG

昨年採り残した伝統小松菜(ごせき晩生小松菜)が数株
花を咲かせていた。

上の画像をタップする

草をむしり取るのではなく、スコップで掘って根を取り除くように、
掘る者、出てきた根付きの草から土を落とす者に分かれての作業

生徒たちは馴れない作業でつかれたようで、
残った部分は、来週月曜日に行うという。






3-1-2.JPG

学校近くの圃場からスコップ等をもって一度学校に戻って・・・・

上の画像をタップする
道路との境には、同校のプランターが並び
チューリップが咲いていた。







4-1-3.JPG

上の画像をタップする
調理は、和食で「蕗の煮物を作ろう」というもの。
校庭の南側、桜の下に蕗がまとまって生えていた。

西武新宿線からも蕗の群生が見える。






5-1-7.JPG

生徒たちは、コックコートに着替えて

上の画像をタップする
富田有香子先生の指導で、プリントが配布されて説明があった。







6-1-1.JPG

蕗は、洗った後、塩を振ってまな板の上で板ずりをして、
5分ほどゆでた後、

上の画像をタップする
冷水で粗熱を取った後、スジや皮を剥ぐ・・・・

保積先生に試食させて頂いたが、
香り良く、灰汁も無く美味しく頂いた。

追録


a-1-2.JPG

上の画像をタップする

3月3日の読売新聞朝刊SDGs@スクール「チョコで知る世界の課題」
にてFCコースの取り組みが紹介されたと
壁に貼ってあった。ご覧ください。
QRコードはこちらから。

江戸東京野菜の授業では、SDGsの視点からも行う予定だ。


posted by 大竹道茂 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック