2022年04月23日

W商連記念誌「令和新時代を迎えて」〜W商連の歩み〜、が発刊され、北上会長から贈呈して頂いた。


W商連記念誌「令和新時代を迎えて」〜W商連の歩み〜を、 
早稲田大学周辺商店連合会の北上昌夫会長から贈呈頂いた。

お手紙には「早稲田大学周辺商店連合会(W商連)では、時代が令和に
変わったのを機に、W商連のこれまでの歩みを記録しておくことと、
広くW商連の活動を告知するとともに、今後の街の発展につなげる為、
記念誌を編集することになり、
この度「令和新時代を迎えて〜W商連の歩み〜」が完成致しました。

とあった。

同誌の発刊については、1月に北上会長から伺っており、
当ブログでも紹介している。






1-1-2.JPG

上の画像をタップすると北上会長の挨拶

W商連は昭和57年に早稲田大学創立100周年を機に、早稲田大学を
囲むように大学と共に発展してきた商店会、5団体で結成、
現在8団体の連合組織となっている。

記念誌は、組織構成から、活動実績、構成各団体の紹介、
記録写真等で構成されている。





2-1.JPG

W商連とのご縁は、早稲田ミョウガ捜索隊を結成して、早稲田大学の
周辺を、早稲田大学の学生諸君と捜索活動を展開したことで、
早稲田ミョウガを発見し、2012年、東北支援として、W商連が、
気仙沼の戻り鰹を購入して、早稲田ミョウガをつまにして
食べていただいた。

発見して間もない早稲田ミョウガを使っていただいたことで、
発見とその存在が広く知れ渡ったが、

上の画像をタップする
早稲田かつお祭りの写真がたくさん掲載されていた。
北上会長ありがとうございました。

このイベントでは、気仙沼の菅原市長にお会いしたが、その後、
三國清三シェフの”子どもたちに笑顔を! 復興支援プロジェクト”
で気仙沼を訪れたときに、菅原市長に再会している。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック