2022年04月28日

情報収集に、「旧中山道はタネ屋街道」で行われている街興しの様子を見てきた。


昨年の12月に瀧野川八幡神社の藤井知樹宮司から、滝野川ごぼうで、
街興しの話を頂いた時に、地元・日本農林社の近藤宏会長に
情報としてお伝えしていた。

先日、日本農林社の大槻伸一取締役本部長に、
今度、北区立谷端小学校で、北区の農業の話をすることになったと、
これまで大槻取締役が、同校で滝野川ごぼうの栽培指導をされていた
と聞いたので、と率直に様子を伺った。





1-1-su.JPG

「旧中山道はタネ屋街道」の説明板が何処にあるのか
分からなかったという人が結構いる。

JR巣鴨駅に下車したら、中山道(白山通り)を渡り、とげぬき地蔵の
方に歩いてきた最初の信号、江戸六地蔵尊の石柱の脇にある。

巣鴨地蔵通商店街の大きな看板に目が行ってしまうと、
視界から外れてしまう。
上の画像をタップする

この説明板は、近藤会長にお骨折りを頂いて建てて頂いたもの。







2-1-8.JPG

話の経過の中で、滝野川の大正大学では、種子屋街道で街興しを
行っていて、わが社にもパネルが張ってあるから見に来て下さいと、
大槻取締役に云われていたので行ってきた。

上の画像をタップする
大正大学では、地域の活性化を図るために
中山道 種子屋街道さんぽ市」などを開催しているようだ。







3-1-9.JPG

上の画像をタップする
江戸東京野菜についても紹介してあったが、心強い。

北豊島郡時代に栽培されていた農産物が描かれていた。
瀧野川村
大根、ごぼう、にんじん、しろうり、ネギ、米、麦、植木

王子村
大根、ごぼう、しろうり、ナス、菜っ葉、米、大麦、イチゴ

岩淵町
大根、ごぼう、かぼちゃ、サツマイモ、里芋、ミツバ、
米、麦、桑、お茶、藍、

北区には、武蔵野台地が伸びてきたが、荒川が、岩淵で隅田川となり
そこで洪水が何度となく起こった歴史がある。

長い歴史の中で荒川と墨田川の崖線ができ、崖線の下では水田が
広がり、崖の上では、滝野川ごぼうに、滝野川にんじん、
練馬大根なども栽培されていた。






5-1.JPG

大槻取締役が云う通り、日本農林社のビルの壁面には、
大正大学の街興しを支援する形で「種子屋街道のあゆみ」として
地図で街道の発展の様子が張り出してあった。

上の画像をタップする







6-1.JPG

「種子屋街道のあゆみ」の詳細は、地図によって発展の経過が
紹介されていた。
上の画像をタップする









7-1.JPG

瀧野川三軒家の町並み

上の画像をタップする
日本農林社のあゆみ
日本農林社の前進は、嘉永5年に丸政・鈴木政五郎として創業したが、
滝野川ごぼうの栽培を始めた、鈴木源五の一家が興したと
先輩から聞かされていた。

谷端小学校から、そんなに遠くないが、大正大学は豊島区になる
ことから学区が異なり、生徒たちは知らないかもしれないので、
紹介しようと思っている。

posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック