2022年04月30日

瀧野川八幡神社で栽培している滝野川ゴホウ、神社氏子青年会のメンバーの皆さんも栽培を始めた。


瀧野川八幡神社で栽培している滝野川ゴホウは、
日に日に葉を伸ばしている。

塩ビ管ごとの比較では、生育が遅れているような管もある。





1-1.JPG

28日、瀧野川八幡神社で、北区立谷端小学校PTA本部の畑川麻紀子会長(JimoKids代表)と(株)ロクナナの倉本大資ディレクターにお会いした。

上の画像をタップする
栽培の様子を視察して頂いたが、畑川会長には10日に谷端小で
4年生と3年生に、北区の農業の歴史や、滝野川ゴボウ、
滝野川ニンジン、滝野川カブの話をすることを、お伝えした。

畑川会長からは、授業参観が出来ますか、とのお尋ねがあったが、
学校公開日に江戸東京野菜の話をする学校も多いので、
PTA会長なら是非来てくださいと申し上げた。






3-1-5.JPG

畑川会長は、キャラクターの名前募集のチラシを、生徒分
神社から預かって生徒達に配布して頂けるようだ。

上の画像をタップする







2-1.JPG
      29日の雨の日に撮影。

八幡神社氏子青年会の4軒のお宅では、是非栽培したいというので、
神社から塩ビ管に培養土を頂いて2週間遅れの栽培が始まっていた。

本葉が出てきたことから、これからの生育は楽しみだ。

上の画像をタップする
こちらのお宅は、神社のお隣、センサーがついて時間がくると、
適度な水量が流れるというシステム。これは便利だ!

筒の中は常時ビチャビチャだと、根が腐ってしまうので要注意で、
筒の表面が乾いたら潅水する程度がベターだ。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック