2022年05月08日

先月、28日に子ども会が1か月遅れて播種した滝野川ゴボウが芽を出した。


北区の瀧野川八幡神社が実施している滝野川ゴボウの
復活栽培は、塩ビ管を使って栽培をしているが、3月27日に
播種祭を行ったが、順調な生育を見せて、9日には
間引き作業を行う予定だ。

先月28には、子ども会の、皆さんが播種をしているが、
5日に発芽したと写真を送って頂いた。
1か月遅れの種蒔きだったが、暖かくなった分早く発芽した。




2-1.JPG

上の画像をタツプする
3本の塩ビ管に、5日現在は2本のようだが、30人で蒔いているから
順次発芽してくると思う。

子どもたちも、発芽したことを知れば、見に来るだろう。





1-1.JPG

3月27日に播種したごぼうは、更に葉を大きく、
そして伸びていた。

上の画像をタップする
間引き作業が楽しみだ。
10日の谷端小学校の生徒にも、八幡様の様子を見せようと、
パワーポイントに組み込んだ。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック