2022年06月14日

瀧野川八幡神社の滝野川ゴボウの栽培は順調で、滝野川ニンジンの播種の準備も整った。


瀧野川八幡神社の滝野川ゴボウの栽培は、日に日に大きくなっている。
前回紹介したのが、5月の末で、断熱ボードに、
播種から間引きまでの経過を貼りだした事で、

参詣者が、滝野川ゴボウの生育の様子を見に来るケースが
多くなっていることから、藤井知樹宮司も気遣っていた。






1-1-4.JPG

6月13日の滝野川ゴボウの様子として、送って頂いた。
5月9日に間引きをしてからの、生育は力強い。

上の画像をタップする
ひと月遅れで播種した子ども会のごぼう(手前)も大きい葉を
伸ばし始めていた。
藤井宮司ご夫妻の、栽培管理が良いことから、更なる生育が楽しみだ。






2-1.JPG

5月25日に、滝野川もみじ小に伺った帰りに、八幡様に寄った時に
藤井宮司から「滝野川ゴボウの収穫はどのようにするのですか?、」
と聞かれた。

塩ビ管を引き抜いて、コンクリートの上で塩ビ管を何度かコンコンと
落とせば、土と一緒にゴボウが出てくるでしょう。

上の画像をタップする
そんなことをしなくても収穫できる方法を、藤井宮司は
考えていたようで、

「6月3日に、にんじん用に作りました。縦横910ミリです。
白い塩ビパイプは採種用にしたいと思います。」とあった、
前面のブルーの断熱材をはずせば、一度に収穫できるという。

畑が無い所で長いものを栽培するための試作だけに、
色々あっていい。







3-1-9.JPG

6月12日に、にんじんの播種の準備が整いました。
と写真を送って頂いた。

上の画像をタップする
当初の計画では、9月の上旬に播種の予定でいたが、播種の準備も
出来たし、滝野川ゴボウの収穫時に滝野川ニンジンの葉も
茂っている事が望ましいので、
2条植えにして、近日中に前列に藤井宮司さんが播種する予定。
採種用は収穫しないので、塩ビ管を設置して花を咲かせる。

収穫は12月だから、9月になってから改めて後列にも播種する。
滝野川カブも、別に播種床を作る予定のようで、
秋には、滝野川ゴボウ、滝野川ニンジン、滝野川カブの
「滝野川」のそろい踏みとなる。楽しみだ。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック