2022年08月03日

第84回 江戸落語を食べる会で、五街道雲助師匠の「猫定」を聞いてきた。


新型コロナウイルスの変異株を、オミクロン株と云っていたが、6月に
インドから新しい変異株が広がったとか、サル痘ウイルスとか云う
急性発疹性疾患が東京でも発見されたなど、7月になってから、
いろいろな情報が広がっていたが、

第84回 江戸落語を食べる会で、檜原村の「おいねのつるいも」を
販売するので、外はモァーッとする暑さだったが、涼しい電車を
乗り継いで、歌舞伎座の地下、東銀座の駅にたどり着いた。

前回は、隅田川馬石師匠の「唐茄子屋政談」だったが、今回は84回
「江戸落語を食べる会」は、五街道雲助師匠の「猫定」だ。






1-1.JPG

いつものように、果菜里屋の高橋芳江さんが、参加者をまとめてくれているので、地下の喫茶店で待ち合わせてから、3階の花篭ホールへ

上の画像をタップする
伝統野菜プロジェクトからは、草間壽子代表、領家彰子さん
脇ひでみさんが参加、研究会からは亀島由美子さんが参加された。





2-1.JPG

出し物
前座は 古今亭菊一「たらちめ」

五街道雲助師匠は
一、「お菊の皿」

仲入り
二、「猫定」

前座の古今亭菊一の噺は「たらちね」と思って聞いていたら、
演目帳に「たらちめ」とあった。
漢字では「垂乳根」垂れた乳は、
母親をイメージするが、漢字では「垂乳女」の方が理解しやすい。
噺に違いがあったのか、気が付かなかった。

雲助師匠の「お菊の皿」と「猫定」は怪談噺。
「ひとこと」に、
「夏は怪談噺の季節ですが、他にも因果噺、因縁噺も夏に
似合っていると思います。
猫定はそうした噺です。恩を知った猫ならば、
いかにもありそうに思えます。・・・」とある。







3-1.JPG

この季節の江戸東京野菜を探していた果菜里屋の高橋さんに、檜原村に
「おいねのつるいも」があると伝えると、鈴木留次郎さんに依頼して
取り寄せた。写真が無いかと云うので送ったら、
ポスターに生産者として掲載してくれた。

上の画像をタップする
仲入りに、エレベーターホールで販売したが、皆さん並んでくれた。






4-0--1.JPG

 
御料理献立

右上、彩り枝豆 玉子焼き 蒲鉾 鶏松風 磯つぶ貝 海老
中上、冬瓜 ひすい茄子 カニ餡かけ 柚子
右下、鰈の幽庵焼き はじかみ おいねのつる芋 鉄火味噌田楽
中下、海老真丈の鳴門揚げ しし唐 レモン
左上、三毛猫ごはん (鮭 かつお 胡麻 青のり) ひじき
左下 鯵南蛮漬け 鰻ざく 胡瓜 茗荷 生姜


江戸東京野菜  おいねのつるいも
江戸時代に伝わったとされるジャガイモです。サイズは小さいが
味は濃い。西多摩郡檜原村に伝わる伝統のじゃが芋です。






5-1.JPG

上の画像をタップする
次回、第85回は 8月31日(水)で、古今亭文菊師匠「死神」他
第86回は、9月28日(水)で、桂宮治師匠「禁酒番屋」他



追録

6-1.JPG

高橋さんから、新潟のナス、長岡巾着ナスとナシナスを頂いた。
巾着ナスは蒸かして、ナシナスは水ナス系だから
切って塩もみすればそれで食べられると云う。

新潟の伝統野菜は「中島巾着」で長岡巾着とは別物だそうだ。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック